MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > レバンガ北海道 2019-20 SEASON ファン感謝祭 オンライン 終了後選手コメントご紹介

レバンガ北海道 2019-20 SEASON ファン感謝祭 オンライン 終了後選手コメントご紹介

 いつもレバンガ北海道への“全緑応援”をありがとうございます。

 5月30日に2019-20シーズンのファン感謝祭をオンラインにて開催いたしました。
終了報告として、参加選手のコメントをご紹介させていただきます。

当日LIVE配信をご覧いただけなかった方、何回でも見たい方、レバンガ北海道公式YouTubeチャンネルから開催の様子をご覧いただけますので、ぜひエンドレスでご覧くださいますと幸いです。
 

レバンガ北海道 2019-20 SEASON ファン感謝祭オンライン
こちらからご覧いただけます▼

https://www.youtube.com/c/levangakousiki

チャンネル登録のご協力、どうぞよろしくお願いいたします!











レバンガ北海道 2019-20 SEASON ファン感謝祭オンライン

【日時】
5/30(土)13:30開始、15:30終了


【配信方法】
レバンガ北海道公式YouTubeチャンネルにてLIVE配信

【出演予定】
橋本竜馬、ファイ パプ月瑠、中野司、多嶋朝飛、内田旦人、川邉亮平、松島良豪

MC:箕輪直人、折茂武彦、桜井良太
 


【開催内容】

ホームゲーム時の会場MCである箕輪直人氏と、2019-20シーズン限りで現役を引退した折茂武彦、2019-20シーズンのキャプテンを務めた桜井良太選手の3名がMCを担当し、ファン感謝祭オンラインを進行しました。

・折茂武彦社長×桜井良太キャプテン Zoomトーク +MC箕輪氏
■企画①『ホームゲーム会場でのスポンサーアナウンスをオンラインで実施 (CV:折茂武彦) 』
・橋本竜馬選手×ファイ パプ月瑠選手 Zoomトーク +MC3名
■企画②『利きジョージア選手権』
・中野司選手×内田旦人選手 Zoomトーク +MC3名
■企画③『レバンガテレビゲーム王決定戦』
・多嶋朝飛選手×川邉亮平選手 Zoomトーク +MC3名
・松島良豪CCO Zoomトーク +MC3名

 


参加選手コメント

■折茂武彦:
「現在の情勢を考慮してオンラインでの開催となりましたが、久しぶりにファンやブースターの皆さんに
LIVEで選手たちの元気な様子をお見せすることができました。
2019-20シーズンが終了してから、各選手は取材等を通して感謝の想いなどを伝えてきたと思いますが、改めてファン感謝祭という場でしっかりと昨シーズンの御礼を伝えられたのはよかったと思います。
ファン感謝祭は毎年自分も楽しんでしまうので、感謝をきちんと伝えられているか心配になってしまう部分もありますが、今のような状況だからこそ、選手たちが元気に楽しんでいる姿をお見せすることができたので、よい機会になったと思っています。
まだ新しいシーズンはどのような形で実施できるか情勢次第の部分がありますが、クラブとして、チームとして、開幕できることを信じてしっかりと準備をして臨みたいと思いますし、また皆さんとお会いできる日を心から楽しみにしています。」



■桜井良太:
「これまでと違って目の前にファンの皆さんがいないので、少しゆるい雰囲気になってしまったかもしれませんが、それはそれとして、初めての試みとしての面白さを楽しんでいただけていたら嬉しいです。
本当は、普通にシーズンが終了して、ファンの皆さんと顔を合わせて、笑いながら一緒に楽しみたかったという気持ちが強いので、来シーズンはいつも通りのファン感謝祭ができればいいなと思っています。
シーズンがどのような形で開幕できるかまだわからない部分がありますが、無事に開幕できることを信じて、新しいシーズンは折茂さんがいなくなって初めてのレバンガ北海道となるので、必ず昨シーズンよりいいチームを作っていきたいと思っていますので、そこに向けてしっかりとした準備をしていきたいと思っています。
ファンやブースターの皆さんは楽しみに開幕を待っていてほしいと思います。
引き続き沢山の応援をよろしくお願いします。」

Q. 今日の髪色(銀)について
「初めてのオンラインファン感謝祭ということで、せめて視覚でも何か楽しんでいただけるようにと思ってやりました。
これまでラジオ番組や様々な機会に、金髪にしないんですか?との声をいただいていたので、金色はなかったので、銀色のワックスを使ってやってみました。
無事にファン感謝祭が終わったので、家に帰ってすぐに色を落としたいと思います。」



■橋本竜馬:
「初めてのオンラインでのファン感謝祭ということでどのような形になるのだろうと思っていましたが、楽しくお話しさせてもらうことができてよかったです。
本当はファンやブースターの皆さんと顔を合わせて一緒に楽しむ時間を作ることができればよかったのですが、今の状況でそれは難しいので、その点は残念ですが、だからこそまた皆さんと直接会場でお会いできる日を心から楽しみにしていますし、そのためにしっかりと準備をして行きたいと思います。
これからも応援のほどよろしくお願いします。」



■ファイ パプ月瑠:
「本当はオンラインではなくファンやブースターの皆さんと直接触れ合える形でファン感謝祭をしたかったという思いはありますが、現状を考えると、直接会えない中でオンラインを通して皆さんと交流できる機会をつくれてよかったです。
次のシーズンが無事開幕できること、皆さんの前でまたバスケができるを楽しみにしていますので、引き続き応援よろしくお願いします。」



■中野司:
「初めてのオンラインでのファン感謝祭ということで、昨年参加した時のようにファンの方の顔を見て直接交流する形ではできませんでしたが、今できるファン感謝祭の新しい形だと思いますし、自分も楽しんで参加することができました。
2019-20シーズンは、自分も、ファンの皆さんも不完全燃焼で終わってしまったと思うので、その出し切れなかったエネルギーを新シーズンにコートで発揮したいと思いますし、ファンの皆さんには昨シーズン以上の応援をお願いしたいと思います。
皆さんからの応援が僕たちのエネルギーになり、より熱い試合を見せたいと思わせてもらえるので、ぜひ会場にいらして応援していただければと思います。」



■内田旦人:
「昨シーズンはファンの皆さんの前でファン感謝祭をすることができましたが、今回は情勢を考慮してオンラインでの開催となりました。
やっぱり皆さんと直接お会いして、1年間応援ありがとうございました、という感謝の気持ちを伝えたかったのですが、今できる形で、オンラインでもファン感謝祭を実施できてよかったと思います。
次のシーズンがどのような形で開催できるのかまだわからない部分がありますが、引き続き感染拡大などには気をつけながら、北海きたえーるなどのホームアリーナでお互いに元気な姿でお会いして、1試合1試合一緒に戦ってほしいと思っています。
応援よろしくお願いします。」



■多嶋朝飛:
「現状を考慮して初のオンラインでのファン感謝祭開催となりましたが、これまで北海道の会場に来るのが難しかった全国各地の皆さんにご覧いただけるよい機会になったのかなとも思いますので、この機会を活かして、もっともっとレバンガ北海道を知ってもらえたらと願っています。
まだ先の状況がわからない部分ありますが、個人としてもチームとしても、いつ再開してもいいように、しっかりと準備しながらチームでの活動再開に備えていきたいです。
ファンやブースターの皆さんも、新しいシーズンが無事に開幕できる日を一緒に待っていてほしいと思います。
引き続き応援よろしくお願いします。」



■川邉亮平:
「ファン感謝祭オンラインをご視聴してくださった皆さま、ありがとうございました。
今はまだ直接交流したり、バスケをプレーしたりすることができない状況ですが、またファンやブースターの皆さんの前でバスケができる日を目標に頑張っていきたいと思います。
手洗いうがいなど、一人ひとりができることを続けて、この難しい状況をみんなで乗り越えられるよう、一緒に頑張っていきましょう。
これからも応援よろしくお願いします。」



松島良豪 (CCO):
「本来であれば皆様にお会いして最後のお別れを告げたかったので、これまでのような形で開催できないこと、残念な気持ちでいっぱいです。
今回はオンラインでの開催でしたが、たくさんの方にご視聴いただき感謝しています。
ありがとうございました。

来シーズンもCCOとしてチームに何かしらの貢献ができればと考えています。
特に中野と内田を支えていけるように頑張ります!笑

新しい選手も何人か加入が発表され、楽しみな選手ばかりです。
ファンの皆さんも会場で試合が見れる日まで、選手も日々の練習を頑張っていくと思いますので、今後ともレバンガ北海道の応援よろしくお願いします!

松島ファンの皆さん。
6年間という長い間、プロ選手としての生活の中で素晴らしいファンの皆さんに会えたことを本当に嬉しく思います。
皆さんのおかげでここまで長く続けることができました。
本当にありがとうございます。
選手松島はもう戻ってくることはありません。

最後に。
中野司選手と内田旦人選手、この2人に特別頑張ってほしいです。

中野には他の選手より倍怒ってきました。
色んな若気の至りの行動など、チームのためになど。。。わら
私なりに言わせてもらいました。わら
彼は僕と境遇が似ていて、有名な選手でも何でもないのだけれど、大学時代に自分の努力でプロに入り、レバンガに入っても物凄く不器用だけれども頑張る選手です。
今シーズンの終盤につれての彼自身の成長は物凄くチームにいいものを与えてくれました。
ですが、これからマークされはじめた時にまた新たなステップアップが大事になってくると思います。
その苦しい時にも松島ファンが僕の代わりに元気付けてあげてください。
彼はそういうの喜ぶので。わら
僕の舎弟として彼はこれからも僕のところに強制で遊びに来させます。
そんな、可愛い中野をこれからもよろしくお願いします。

内田とは自主練をよく一緒にやってきて、特に試合にお互いが出れなくなった時、試合後などに自分たちが試合に出たときを考えての練習を2人でたくさんしてきました。
意外と濃い話などもたくさんしていたのを懐かしく感じます。
何度も言っていますが、レバンガにとって北海道出身の内田選手が活躍することは北海道にとって物凄く大事なことです!
内田が小さい頃に見てきた、折茂選手、桜井選手の姿を見て彼もプロになりたいと思うきっかけになったかもしれません。
これからは内田選手が小さい子どもたちに夢と希望を与える番だと思います。
そのためにも、松島ファンの声援とクレイジーな盛り上がりが大事です。
内田選手がいいプレーをした時には中野の時より声援を大にしてしてください。よろしくお願いします。

ぜひホーム戦にお越しの際は中野と内田を応援してください。
松島良豪からのお願いです。
よろしくお願いします!」




LIVE配信を視聴された累計人数は、約5,300人と、多くの方にご覧いただくことができました。
※LIVE配信終了直後のカウント数


初のオンラインでの開催となったファン感謝祭。
レバンガ北海道ブースターの皆さまにお楽しみいただけましたなら幸いです。

 


ファン感謝祭終了のご報告とレバンガ北海道 2019-20 SEASON 御礼

株式会社レバンガ北海道 代表取締役CEO 横田陽 コメントはこちら




 

ご案内

協力会社

その他