MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > #10 荒川颯選手 新規入団会見実施のご報告

#10 荒川颯選手 新規入団会見実施のご報告

いつもレバンガ北海道への全“緑”応援をありがとうございます。
本日、荒川颯選手の2022-23シーズンの新規入団会見を実施いたしましたのでご報告いたします。
 


荒川颯選手 コメント

「横浜エクセレンスから移籍してきました、荒川颯です。
今シーズン、B1の舞台でプレーできる機会を与えてくださった清永GMはじめ、レバンガ北海道の皆さまにはとても感謝しています。
僕自身、B1でプレーすることが初めてなのですが、自分の持ち味をB1で発揮することで、色々な課題が見えてくると思うので、チームスタッフやチームメイトにアドバイスなど力を借りながら、さらに自分の役割を明確にすることでチームに貢献していきたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。」


■北海道にはタイプの違うPGがいますが印象は?そして自分の色は?
「北海道には自分も含めてPGが4人となりますが、チームメイトの中で争うというよりは、自分の良さをコートでしっかり表現して、コーチ陣の求めることを理解し、コミュニケーションをとっていくことで、プレータイムを勝ち取ることはできると思っています。
それぞれ持ち味が違いますが、その中でも各選手の良さを盗みつつ、自分の色と合わせて発揮していきたいと思っています。」

■3×3の経験もありますが、3人制のスキルや経験を活かし、自分のどのようなプレーをアピールしたいですか?
「3人制は6人しかコート上にいないため、5人制よりスペースがあるという違いがありますが、スキルであったり、1対1で打開する力をうまくフィットさせて活かしていきたいです。」

■初のB1の舞台となりますが、マッチアップしたい選手などいますか?
「自分が過去にB2、B3でプレーしてきた中、B1でプレーする同期の活躍は目に入ってきていたので、いつかは自分も同じ舞台で戦いたい、超えたい、という気持ちでいました。
今回チャンスが巡ってきたので、これまで悔しい思いをしてきたからこそ、このチャンスを掴み取り、同期の仲間を超えることを目標のひとつにして戦っていきたいと思っています。」



■同期の存在は特別意識していた、その同期の選手とは?
「やはり一番は、高校の同期でもある、寺嶋良選手(広島ドラゴンフライズ)です。
活躍する姿を見てきて、同期として意識し目標としている彼が、昨年日本代表に初選出され、そこを超えれば日本代表のレベルに近づけると感じましたし、コートでマッチアップしたい相手として真っ先に思い浮かぶのが寺嶋選手です。
僕自身、負けていないと思っていますし、B1の舞台で戦えるチャンスが巡ってきたので、もし彼と対戦するチャンスがあるならば、気負い過ぎず楽しみたいなと思っています。」

■昨シーズン、3Pシュートの試投数が増えたのは何か意識されたのですか?
「その前のシーズンに3ポイントが入っていなかったこともあり、その課題はBリーグで上を目指していくためには克服しなければいけないと思ったので、試合の流れ、役割もありますが、打つべきところでは打つということを意識して取り組んでいました。」

■SNSでの発信もありましたが、北海道は好きになりましたか?
「まだ北海道に来て間もないですが、すでに大好きになりました。
冬は大変だと聞いているので、色々と心の準備をして迎えたいと思っています(笑)」



 


レバンガ北海道 ゼネラルマネージャー 清永貴彦 コメント

「このたび、レバンガ北海道は、荒川颯選手とB.LEAGUE 2022-23 SEASONの契約に至りましたことを改めてご報告いたします。
チームとして、これまでトランジションからの得点が低かったと思っています。
荒川選手の持ち味として、スピード、トランジションから割っていく力、ペイントアタックしての得点や周りを活かすことが挙げられますが、それらの能力を発揮して、チーム勝利のために貢献してもらいたいと思っています。
今シーズンよりチームに加入してくれた荒川颯選手を、今後どうぞよろしくお願いいたします。」
 


株式会社レバンガ北海道 代表取締役社長 折茂武彦 コメント

「まだ若く、大きな伸びしろがある選手だと思っています。
これからレバンガ北海道でどんどん経験を積んでいってもらいたいです。

荒川選手はPG・SG両方できる選手ですが、レバンガ北海道には橋本選手、寺園選手という非常に良い手本となる選手がいるので、そこから多くのものを吸収してもらいつつ、まずは自身の持っているものを全て出し切って、チームに貢献してほしいと思っています。

荒川選手のプレーにはスピードがあるので、それを活かして得点に絡む力も彼の魅力です。
点が取れるPGであり、寺園選手のようにチームに速い展開と勢いをもたらしてくれたらと思います。
チーム内には年齢が近い選手も多いので、切磋琢磨して成長してもらいたいです。

「B1で挑戦したい、自分を試したい」という強い思いを持っていると聞いています。
チームは上を目指して歩みを進めているので、元々持っている意識の高さを持ち続けて、チャンスを掴み取り成長していく姿をファン・ブースターの皆さまにも届けてもらいたいと思います。」
 


荒川颯選手新規入団発表のリリースは下記よりご覧くださいませ。
https://www.levanga.com/news/detail/id=15380
 

RELATED

関連ニュース

協力会社

その他