MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【重要】レバンガ北海道選手 新型コロナウイルス感染症陽性判定、B1リーグ第16節1月9日(日)・10日(月)三遠戦開催可否について

【重要】レバンガ北海道選手 新型コロナウイルス感染症陽性判定、B1リーグ第16節1月9日(日)・10日(月)三遠戦開催可否について

いつもレバンガ北海道への全“緑”応援ありがとうございます。

このたび、レバンガ北海道所属の#0 橋本竜馬選手が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたので、ご報告させていただきます。

橋本選手は、1月1日(土)に第9回B.LEAGUE統一検査を実施し、その結果は陰性でした。
昨日発表された琉球ゴールデンキングス所属選手の陽性判定を受け、4日(火)夕方に抗原検査を実施し、こちらの結果も陰性でしたが、本日5日(水)AMに指定検査機関でのPCR検査を実施した結果、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けました。

現時点で、橋本選手は保健所の指示を待ち、他者との接触を避けた状態で待機中であります。
なお、現時点でその他の選手およびチームスタッフに新型コロナウイルス感染症や風邪等の症状がある者はおりません。また、その他全選手およびチームスタッフのPCR検査の結果は陰性を確認しております。
 


【当該選手行動歴および経過報告】
・1月1日(土):症状なし(36.5度)沖縄に移動後、チーム練習実施
※統一検査検体採取日。選手およびチームスタッフ全員を対象にB.LEAGUE統一検査を実施。1/4夕方に結果判明(全員陰性)。
・1月2日(日):症状なし(36.5度) 琉球ゴールデンキングス戦@アウェー
・1月3日(月):症状なし(36.5度) 琉球ゴールデンキングス戦@アウェー
・1月4日(火):症状なし(36.5度) 札幌へ移動。選手およびチームスタッフ全員を対象に抗原検査を実施、全員陰性。
・1月5日(水):症状なし(36.5度) 選手およびチームスタッフ全員を対象に指定検査機関にてPCR検査を実施。橋本選手が陽性判定。
 


【今後の対応に関して】
今回の陽性者発生を受けまして、現在保健所による濃厚接触者の調査中となります。
調査結果が判明次第あらためてご報告させていただきます。
 


【Bリーグ2021-22シーズン B1リーグ戦第16節の開催可否に関して】
B1リーグ戦第16節1月9日(日)・10日(月)開催の2試合につきまして、「B1・B2リーグ戦試合実施要項 第6条第3項第3号」に規定する試合エントリー要件を充足する必要がありますが、チーム活動や試合出場の行動歴に鑑み、現時点ではエントリー可能な選手が、「Bリーグ規約 第55条第2項第2号」に規定する8選手に満たない可能性がございます。
管轄保健所の調査結果次第となりますので、確定後改めてお知らせさせていただきます。

◆Bリーグ2021-22シーズン第16節
レバンガ北海道 vs 三遠ネオフェニックス
1月09日(日)15:05試合開始@北海きたえーる
1月10日(月)14:05試合開始@北海きたえーる

 


B.LEAGUEによるリリースはこちらをご確認ください
https://www.bleague.jp/news_detail/id=165139

三遠ネオフェニックスによるリリースはこちらをご確認ください
https://www.neophoenix.jp/news/detail/id=17895

琉球ゴールデンキングスによるリリースはこちらをご確認ください
https://goldenkings.jp/news/detail/id=16396


試合を楽しみにしてくださっていたファン・ブースターの皆さま、関係者の皆さまにおかれましては、ご心配をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。



 

RELATED

関連ニュース

協力会社

その他