MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 佐古賢一 レバンガ北海道ヘッドコーチ就任会見実施のご報告

佐古賢一 レバンガ北海道ヘッドコーチ就任会見実施のご報告

 このたび、レバンガ北海道のヘッドコーチに就任した、佐古 賢一(さこ けんいち)氏の就任会見を実施いたしましたので、ご報告いたします。

 


佐古 賢一 HC コメント


「みなさん、初めまして佐古賢一です。
このたび、レバンガ北海道という素晴らしいチームのHCとして呼んでいただけたこと、非常に感謝申し上げます。自分のバスケットボールの経験をこのチームに惜しみなく注ぎたいと思っております。

また、チームに合流することが遅くなりましたこと、チーム関係者の皆さま、スポンサー関係者の皆さま、多くのファンの皆さまにはご心配とご迷惑をおかけいたしました。

 

Bリーグ創設以降、レバンガ北海道は、チャンピオンシップにも手が届いていません。
チームに関する戦術、戦略というのは、経験のある素晴らしいアシスタントコーチ含め、スタッフがおりますので、良いアドバイスを受けながら戦略を組み立てていきたいと思っています。

HC
が変わればチームが強くなるのではなく、チームの雰囲気を変えることが重要と考えています。
僕自身が外から見てきて、選手のマインドセットに原因があるのでは、と思いましたので、その点に着手していきたいと考えています。

2021
22シーズン、北海道で全力を尽くして精一杯よいチームを作り上げていきます。
よいチームとは、一戦一戦全力で戦えるチーム、凡事徹底です。
そして、選手とチームスタッフ全員が作り上げて成し遂げる、というプロセスを大事にするチームです。

自分ができることをはっきりさせ、難しいことに取り組むのではなく、簡単なことを100パーセントの力で取り組んでいく、そういうチームには粘りがありますし、絶対諦めないチームになります。

先ほども話しましたが、HCが変わればチームが強くなるのではなく、選手のマインドが変わらないと絶対に強くなりません。僕ができることはそこを徹底していくことです。

 202122シーズンは、僕自身にとってもチャレンジです。
どうぞよろしくお願いいたします。


(折茂武彦と同じチームで日本一を目指すことについて)
チームは歴史の積み重ねがなければ、結果について、口を出せる状況になりません。

レバンガ北海道の歴史の中で優勝を語れる何かを残せているか、となると、そうではないと僕は思います。
チームとしてこういうものだ、と言える歴史は、今季から始まっています。
結果が出るまでの過程を、皆さんに注目して欲しいです。

今までもレバンガ北海道は始まってきていますが、結果はついてきていません。
優勝を語るには、チームとしての歴史の積み重ねが重要だと思います。

優勝を語れるチームができたときに、歴史がスタートすると思っています。
どういう形の結果につながるかわからないですが、自分が思う優勝を目指せるチームの土台作りに取り組みたいと思います。




▼佐古賢一氏 レバンガ北海道ヘッドコーチ就任のお知らせはこちらhttps://www.levanga.com/news/detail/id=14672

 


レバンガ北海道 代表取締役社長 折茂武彦 コメント


「 皆さま、お疲れ様です。本日はお集まりいただき、ありがとうございます。
2021
22シーズン、レバンガ北海道のHCに佐古賢一氏と契約締結したことをご報告いたします。
僕自身、ワクワクしております。
開幕に向けて、佐古HCは明日からチームと合流をし、色々な話をしていくと思います。

今後、皆さまにはレバンガ北海道らしいバスケットボールをお見せできると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 



 


レバンガ北海道 GM 清永貴彦 コメント


「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。
今回、佐古氏にレバンガ北海道のHCにコミットしていただけたこと、とても感謝しております。

チームとしては、トップを目指すマインドセットの改革、ぶれない意識、一貫性をもってやるべきことを徹底するチームの一体感を作っていただけると期待しております。

私自身、HCとともに今シーズン一緒に戦っていけること誇りに思っていますし、楽しみでもあります。
引き続きレバンガ北海道をどうぞよろしくお願いいたします。



 

RELATED

関連ニュース

協力会社

その他