MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > レバンガ北海道#8多嶋朝飛選手「ASAHI8プロジェクト」会見

レバンガ北海道#8多嶋朝飛選手「ASAHI8プロジェクト」会見

いつもレバンガ北海道への全緑応援をありがとうございます。

10月3日(木)、ポッカサッポロ北海道株式会社様と、株式会社レバンガ北海道による共同企画『ASAHI8プロジェクト』に関する会見を行いました。
 
会見コメント

ポッカサッポロ北海道株式会社 代表取締役社長 稲熊栄二 様

「本日はご参集いただきまして誠にありがとうございます。
これまで、レバンガ北海道さんとは、バスケットボールクリニックなどの活動を通してコラボレーションを継続してきましたが、このたび多嶋選手から「何か社会貢献をしたい」とのご意向を受け、今回レモネードスタンド普及活動をご紹介させていただき、一緒に実施させていただく運びとなりました。
この活動を通して得た寄付金全額と、今シーズン多嶋選手が獲得した総得点数に1,000円をかけた金額を弊社からの寄付金とし、レモネード普及協会を通じて小児がんで苦しんでいる子どもたちへ寄付させていただきます。
寄附を通じ、小児がんに苦しむ若い世代やその家族の方々に少しでもお役に立ちたいのはもちろんですが
この活動を通じてひとりでも多くの方々に関心や関与意識を持っていただくようになればたいへんありがたいと考えています。
市民団体が10年ほど前から実施しているこの活動が、多嶋選手とのコラボレーションによりさらに広がりを見せ、この活動を通して多くの方々に関心をもっていただけるよう願っております。」



株式会社レバンガ北海道 代表取締役CEO 横田陽

「本日はお集まりくださりありがとうございます。
まず、このような意義のあるプロジェクトを実施できることに対し、稲熊様はじめ関係者の皆さまに大変感謝しております。
きっかけは多嶋選手本人から「プロスポーツ選手として何か役に立ちたい、そのために何かできないか」と相談を受けたことです。
多嶋選手は帯広市出身で、十勝地方で大きな被害のあった台風10号の際には、自主的にバスケットボールシューズなどの私物のオークションを実施し、得られた資金を寄付したり、バスケットボールクリニックを実施するなど、プロスポーツ選手として以前から社会貢献活動に強い関心をもっておりました。
レバンガ北海道としても、選手たちには「プロスポーツ選手は、コート上のパフォーマンスのみならず、スポーツの教育や振興などをはじめ人として果たすべき社会的活動を、影響力をもって幅広く実現することができる職業であること」を常々伝えており、それを今回多嶋選手が体現してくれました。
「ASAHI8プロジェクト」のロゴについては、多嶋選手の背番号「8」を横に配置し「∞(無限)」とし、スポーツがもつの無限の可能性を広げていきたいという思いが込められています。
今回の「ASAHI8プロジェクト」のように、プロスポーツ選手による社会貢献活動がさらに広がっていくことで、プロスポーツが社会のために役に立ち必要とされる存在となっていけることを願っております。」


 
■レバンガ北海道 #8多嶋朝飛 選手

「本日はお集まりいただきありがとうございます。
今回、このような活動を実施できることを大変嬉しく思いますし、この活動に共感いただき、こうして共に今回の活動を行ってくれるポッカサッポロ北海道様に感謝申し上げます。
今シーズン、オフコートキャプテンに任命され、今年の7月中旬に行われたBリーグによる研修に参加した際に、プロスポーツ選手がどのような存在であるべきかを改めて考え、自身がプロバスケットボール選手でいる間に、何か社会のためにできることはないかと思ったことがきっかけでした。
NBAの選手たちも様々な社会貢献活動を実施していますし、オフコートの場でも、プロスポーツ選手としてできることを考え、行動していきたいと思いクラブに相談したところ、レモネードスタンド普及活動を知り、ポッカサッポロ北海道様のご協力もいただけることとなり、実現できることになりました。
ポッカサッポロ北海道様のご支援で、今シーズンの自身の得点数が寄付につながることにもなりましたので、小児がんと闘う子どもたちのためにも、自分を高めて1点でも多くの得点をとっていきたいと思います。」
 








 
ASAHI8プロジェクト 実施内容
 
レバンガ北海道ホームゲームのうち下記日程で特設募金ブースを設置いたします。

●日 程 2019年10月23日、11月4日、12月15日、2020年1月26日、2月9日、3月8日、4月12日
●時 間 試合開始2時間前から試合開始前まで。最初の約15分間は多嶋選手が寄付を呼びかけいたします。

・本プロジェクトに賛同し100円以上の募金をいただいた方にレモネード1杯をご提供します。
当該日程の全てに多嶋選手も参加させていただきます。

皆さまから集まった募金は、シーズン終了後、多嶋選手からレモネードスタンド普及協会を通じてNPO法人日本小児がん研究グループ(JCCG)へ寄付させていただきます。

※上記予定及び内容は変更となる場合がありますので、予めご了承ください。
※多嶋選手の参加時間は、試合開始の2時間前から15分程度を予定しておりますが、変更になる場合がございます。
※やむをえない事情で多嶋選手不在となる際は、同選手のパネルを設置させていただきます。


ASAHI8プロジェクト始動に関するニュースは下記を参照ください。
https://www.levanga.com/news/detail/id=13266
 

ご案内

協力会社

その他