MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > ASAHI8プロジェクト始動

ASAHI8プロジェクト始動

 
 このたび、レバンガ北海道は、オフィシャルスポンサーであります、ポッカサッポロ北海道様との共同企画「ASAHI8プロジェクト」を実施することとなりました。
 
ASAHI8プロジェクト」は、レバンガ北海道所属#8多嶋朝飛選手が、兼ねてよりプロアスリートとして、社会への貢献活動を行いたいという意向があり、今回、ポッカサッポロ北海道様が支援するレモネードスタンド普及協会の活動に共感し、小児がん支援の輪を広げていくものです。
 レバンガ北海道HOMEGAME会場内でレモネードスタンド活動を行い、シーズン終了後、レモネードスタンド普及協会を通じてJCCGなどの小児がん支援団体へ寄付させていただきます。

 

プロジェクト概要
  


 
【実施目的】
日本の子ども(1歳から14歳)の死亡原因の第1位(出典:厚生労働省 平成25年 人口動態統計)である小児がんは、年間約2500人にも及び、今回多嶋朝飛選手の発案で、少しでも患者様の支援をさせていただくとともに、プロアスリートの高い発信力を活用し、支援の輪を拡げていくものです。

【実施内容】
レバンガ北海道ホームゲーム開催時に計7回(2019.10/23,11/4,12/15,2020.1/26,2/9,3/8,4/12)実施し、特設募金ブースにて、100円以上の募金をいただいた方にレモネード1杯を配布させていただきます。
 当該日程の全てに多嶋選手も参加させていただきます。
 多嶋選手の参加時間は、試合開始の2時間前から15分程度を予定しておりますが、変更になる場合がございます。
 やむをえない事情で多嶋選手不在となる際は、同選手のパネルを設置させていただきます。
皆様から集まった募金は、シーズン終了後、多嶋選手からレモネードスタンド普及協会を通じてNPO法人日本小児がん研究グループ(JCCG)へ寄付させていただきます。


【その他】
本件につきましては、10/3に会見を行い、会見後に多嶋選手のコメントを本ページに掲載させていただきます。
 
 

ご案内

協力会社

その他