MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > SON×レバンガ北海道「Challenge with ALL」IN市立札幌みなみの杜高等支援学校を開催しました

SON×レバンガ北海道「Challenge with ALL」IN市立札幌みなみの杜高等支援学校を開催しました

いつもレバンガ北海道への全"緑"応援をありがとうございます。

このたび11/23(水祝)に、SON北海道(スペシャルオリンピックス日本・北海道)と「Challenge with ALL」活動の一環として市立札幌みなみの杜高等支援学校にて出前授業を開催しましたのでお知らせします。

イベント概要

日時

2022年11月23日(水祝)

場所

市立札幌みなみの杜高等支援学校

レバンガ北海道 参加者

折茂武彦 代表取締役社長
#0 橋本竜馬選手 / #11 桜井良太選手
坂井智彦 アカデミーコーチ / スティーンジェームス佑樹 アカデミーコーチ
公式マスコット レバード

活動の様子

まずは選手たちが自己紹介をさせていただきました。

今回はポッカサッポロ北海道株式会社さまより、レバンガ北海道とのSDGs活動の一環として、札幌みなみの杜高等支援学校にバスケットボール10個が寄贈されました。
また今回のイベントのためにキレートレモンをご提供くださいました。



前半は、基本的なハンドリングやシュートのコツなど、基礎練習を中心に一緒に取り組みました。


後半は、選手との1on1やゲーム形式での対戦を行って汗を流しました!

交流を通じて、楽しい時間を過ごさせていただきました。
みなみの杜高等支援学校の皆さま、SON北海道の皆さま、ありがとうございました。
※写真撮影時のみマスクを外しています。

コメント

#0 橋本竜馬選手

シーズン中はなかなか地域の方との交流活動ができないのですが、今日はそれが実現して、皆さんが積極的に交流してくださり非常に嬉しかったです。
僕自身はSON関連の活動への参加が2回目になるのですが、交流を重ねることで徐々に知識を深めることもできていて、今日は自分にとっても貴重な経験になりました。
このような活動は続けることに意味があるので、また機会があれば是非参加したいと思います。

#11 桜井良太選手

参加された生徒の皆さんは普段の授業でもバスケをされているということもあり、すごく上手で、バスケと親しみを持ってくださっていて嬉しく思いました。
スポーツを通じて地域との交流を持つことはとても良い活動だと思っているので、これからもクラブとして続けていきたいですし、機会があれば自分もそこに携わっていければと思います。

折茂武彦 代表取締役社長

とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
生徒の皆さんも一生懸命取り組んでくれて、失敗を恐れずチャレンジすることの大切さも理解してくれました。
まずは今日、楽しんでいただけて何よりですし、私たちとしても学び多き活動になりました。
スペシャルオリンピックスの活動を多くの方々に知っていただくことが大切だと思っているので、活動を通して多くの方々の理解をいただきながら、スペシャルオリンピックス日本・北海道とともに、今後も活動を続けていきたいと思います。

RELATED

関連ニュース

協力会社

その他