MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > レバンガ北海道 #34 内藤耀悠 ユース育成特別枠選手登録会見実施のご報告

レバンガ北海道 #34 内藤耀悠 ユース育成特別枠選手登録会見実施のご報告

いつもレバンガ北海道への全“緑”応援をありがとうございます。

本日、北海道文教大学附属高等学校にて、#34 内藤耀悠選手(レバンガ北海道U18)のユース育成特別枠登録に伴う記者会見を実施いたしましたのでご報告いたします。


内藤耀悠選手 コメント

「このたびレバンガ北海道のユース育成特別枠選手に登録となりました内藤耀悠です。 本日、このような機会を作ってくださりありがとうございます。 北海道文教大学附属高等学校の佐々木校長先生はじめ、多くの方々にサポートしてもらい、チャンスを得ることができました。本当に感謝しています。
僕自身、トップチームの練習に参加させていただいたときは、何もできず、考えることがたくさんあり、時間を重ねて理解していけるようになった部分とまだまだ足りない部分があるのですが、試合に出るチャンスをいただけたら、トップチームのシステムを今よりも深く理解し、また、選手の中で1番年齢も若いので、エネルギーを持ってハードにプレーする点は負けないようにやっていきたいと思います。

佐古HCとは、男子日本代表U16のエントリーキャンプでご一緒する機会がありました。厳しく指導をされていて、その印象から怖かったのですが(笑)、これから時間を重ねて信頼を勝ち取っていけたらと思っています。8月末の帯広合宿に参加させていただいたときは、折茂社長からシュートのコツなどを指導していただきました。まだまだ形にはなっていませんが、少しでも得点力を上げることができるようこれからも練習を重ねていこうと思っています。

将来は、いち早くプロ選手としてトップチームで活躍したいですし、最終的には日本代表や世界で戦える選手になれるよう頑張っていきたいと思います。」

■ユース育成特別枠に選手登録されたことについて
非常に嬉しく思っています。そういった機会をもらえることは当たり前のことではないですし、プロのコートに立つ自覚と責任をもって臨みたいと思います。

■ホーム開幕節、出場のチャンスがあればB1史上最年少出場記録になりますが意気込みは?
どのタイミングでもそうですが、試合に出場できるかどうかは自分の頑張り次第なので、ひたむきにやり続けるしかないと思っています。
最年少出場記録については意識してしまう部分はありますが、こだわる必要はないと思っています。
出場できるように信頼を勝ち取り、また、感謝を忘れず、努力を怠らず、頑張りたいと思います。

■背番号を34に決めた理由は?
橋本竜馬選手が選んでくれました。理由は34が似合うから、とのことでしたが、歴代のNBAプレーヤーの中で、34番は大きなインパクトを与えられるようなプレーヤーがつけている印象から(今でいうと、ヤニス・アデトクンボ選手など)、自分も大きなインパクトを与えられるような選手になれるようにと、色々と考えた結果この番号を選びました。
活躍した時に、橋本選手が選んでくれた背番号であるといったエピソードが話せたらいいなとも思いました。

■U16,U17の日本代表活動で世界を見てきたとは思いますが、レバンガ北海道で学びたいことは?
世界を相手にした試合でも僕は何もできませんでした。現時点でトップチームに相応しいレベルにはまだ達していないと思っています。プロとして足りていない部分は、オフェンス、ディフェンス、人間性含めて全てと思っています。これからプロ選手の動きを一つひとつ見逃さず、肌で感じたいですし、年齢は1番若いので運動量とハードワークでは負けないように頑張りたいです。
練習中、チームのシステムのポイントについて完璧に理解できるよう、先輩選手からアドバイスをいただいています。まだ聞く力も足りていないと感じますし、1回で覚える力を鍛えていきたいです。
メンタル面でも、弱い部分はあるので、安定して自分の状態を保てるように、熱くなる部分、冷静になる部分メリハリをしっかりつけたいと思います。」

折茂武彦 代表取締役社長 コメント

「このたび、Bリーグ・クラブより発表がありましたとおり、「ユース育成特別枠」にレバンガ北海道U18に所属しております、内藤耀悠を選手登録しましたことをご報告いたします。
2021年より学校法人鶴岡学園 北海道文教大学附属高等学校様と教育連携協定を結ぶことができ、この締結の最大のミッションはレバンガ北海道トップチームへのエントリーであると感じておりました。
ユース選手は学業が本業であり、私たちは学業とバスケットボールの両立、そして人間性の育成もユースのあり方と捉えております。

しかしながら、トップチームの活動は日中の練習が基本となる為、授業の欠席が生じてきてしまいます。このような背景から、高等学校とのサポートは不可欠であり、U18設立当初に連携協定を締結できましたことを改めて、感謝申し上げますとともに、設立2年目で選手登録が出来ましたことを大変嬉しく感じております。

レバンガ北海道U18は昨年からCHAMPIONSHIP優勝、INTERNATIONAL CUP優勝と大変素晴らしい結果を残してくれており、クラブの発展に大きく関わってくれていると感じます。
とくに内藤選手は昨年度よりBリーグU18の各大会で個人タイトル受賞、さらには、今年度は日本代表にも選出され、アジア大会、ワールドカップを経験することができ、世界の壁を肌で感じることができました。U15からU18に変わり経験値はかなり大きなものになってきているのではないかと感じております。
クラブの活動として、この経験が内藤だけではなく他の選手にも刺激となり、チームの土台がさらに深みのある組織になっていければと考えております。
さらにはこのユース育成特別枠が今後、プロを目指す中学生・高校生に大きな道標となり、Bユースの価値に繋がってくることを期待しています。」

学校法⼈鶴岡学園 北海道⽂教⼤学附属高等学校 校⻑ 佐々⽊淑⼦さま コメント

「このたび、本校の2年生内藤耀悠君が、Bリーグのユース育成特別枠に登録されたことは本校としても光栄に思っております。普段から折茂社長、佐古HC、毎日の練習を見ていただいている齋藤U18HCをはじめとした関係者の皆さま方に支えられて、このような場を設けるところまで来たと思っております。

私は朝、玄関の前で登校してくる生徒を迎えているのですが、彼が登校する姿は、背が高く堂々と歩いていることもありとても目立ちます。いつも大きい荷物を持っており、その中にはお母さんが作ってくれたお弁当の他におにぎりがいっぱい入っており、ご家族のサポートもあり学校に通っていることを実感しています。

現在、彼はグローバルプログラムのクラスに在籍しており、クラスには同期として入学したU18のメンバー7名がおります。レバンガ北海道U18の1期生11名、2期生4名の計15名の選手が生徒として本校で学業にも勤しんでおります。

その中で様々な大会等に参加し、男子U16日本代表の合宿にも参加させていただくこともでき、そういった活動はU18の他の選手たちにとっても刺激になっておりますし、本校の他の部活に所属する生徒にとっても、プロへの道を身近に感じるとともに、プロの道を歩むという壁の高さなども同時に感じているようです。
本校の教員たちも学業との両立ができるよう、できる限りサポートしていこうと申し合わせております。
この環境の中で、ますますバスケットボールに励み見本となる高校生に、そして、レバンガ北海道の選手として育っていくものと期待しております。

引き続き、クラブの皆さまと協力して、教育・育成の支援をしてまいりたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

佐古賢一HC コメント

「内藤選手との最初の出会いは、私が男子日本代表U16,U18の指導をしていた時でした。彼はまだ中学生でしたが、彼の将来性、体の大きさに魅力を感じて、東京での合宿に招集し参加してもらいました。彼のポテンシャルとしてフィジカルの強さ、当たり負けしないディフェンスが挙げられます。
今回のユース育成特別枠を活用し活躍してもらうことで、北海道の小、中、高校生へ夢や刺激を与えられる存在になると思っています。

内藤選手がトップチームのベンチに入ることで、バスケットボールを通して北海道の子どもたちとの距離感を縮めることができると思いますし、北海道のバスケットボールへの貢献度を感じます。
夏からトップチームの練習にたびたび参加してもらっていましたが、内藤選手の良さである順応性を最大限に発揮してトップチームのシステムを理解し、チームに溶け込んでいく姿を見ていたので、今後のプレーに期待をしています。
ユース育成特別枠から、Bリーグのプロのコートに立つのも決して遠くないと思っています。
今後もレバンガ北海道というトップチームを目指してもらい、バスケットボールを通じて北海道に元気、勇気、夢、希望を与えられる選手になって欲しいと期待しております。」


内藤選手のユース育成特別枠登録時のリリースは下記よりご覧くださいませ。
https://www.levanga.com/news/detail/id=15626
 

RELATED

関連ニュース

協力会社

その他