MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 江別市とレバンガ北海道 「魅力ある未来づくりの実現に向けた連携協定」を締結

江別市とレバンガ北海道 「魅力ある未来づくりの実現に向けた連携協定」を締結

このたび、株式会社レバンガ北海道は、江別市と相互に連携・協力を強化しながら各種事業に取り組むことで、スポーツを通して「健康都市えべつ」のまちづくりに寄与することを目的として連携協定を締結いたしました。

9月21日に、締結式を執り行いましたのでご報告いたします。 



連携・協力事項について

情報・意見交換を実施し、相互に合意した具体的な事業について協働で取り組むこととする。

(1) 子どもの健やかな心身の育成に関する事項
(2) スポーツの振興に関する事項
(3) スポーツをツールとした地域活性化に関する事項
(4) 江別市の魅力発信に関する事項
(5) SDGs 活動を通した江別市のまちづくりに関する事項
(6) 江別市民の健康増進に関する事項
(7) その他、必要と認められる連携・協力に関する事項

 


江別市長  三好 昇さま コメント 

「このたび、レバンガ北海道様と江別市は、「魅力ある未来づくりの実現に向けた連携協定」を締結することとなりました。協定締結にご尽力いただきました関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。
江別市は、健康寿命を延ばし、だれもが健康で安心して暮らせるまちを目指し、平成 29年に「健康都市」を宣言しております。

今回の協定は、バスケットボールをはじめとしたスポーツを通じて、まちづくりに寄与することを目的としており、レバンガ北海道様の企業理念と江別市の目指す姿が一致し、協定を締結できたことを非常に嬉しく思います。
レバンガ北海道様には、今年の7月に江別バスケットボール協会主催のジュニアバスケットボール教室に講師として来ていただくなど、これまでも当市におけるスポーツ振興にご尽力いただいております。

今後は、レバンガ北海道様とともに、江別市の魅力発信や地域の活性化、子どもをはじめとした市民の健康づくりなど様々な分野から魅力ある未来づくりの実現に向けて努めてまいりたいと考えております。
この協定を契機にレバンガ北海道がこれまで以上に市民・道民から愛され、「ガンバレ」と応援されるチームになりますようご祈念申し上げ、ご挨拶といたします。」

 


株式会社レバンガ北海道 代表取締役社長 折茂武彦 コメント

「江別市は札幌市に隣接する近郊の市であり、札幌駅から市街地の野幌駅までJRで約20分ほどで訪れることができる、自然環境豊かな素晴らしい場所です。

江別市は特にスポーツに力を入れた街づくりをしており、市民の方が様々な競技の全国大会に出場している実績があるほか、世界各国の競技チームの代表合宿が行われる場所であったりと、スポーツが盛んな街であります。

私たちレバンガ北海道は、子どもたちのアカデミースクールを江別市でも開校しておりますが、「健康都市えべつ」のまちづくりに向けて「魅力ある未来づくりの実現」を目指し、バスケットボールを通じて双方が連携することで、江別市のまちの魅力をより高めてまいりたいと思います。

そして、その魅力を一緒に発信していくことで、子どもの健やかな心身の育成をはじめ、地域の活性化やSDGs活動、健康増進などに繋がる活動をしてまいります。一緒に頑張っていきましょう。」

 



 ▲締結式の様子

 

協力会社

その他