MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > チームの全体活動再開時期についてのお知らせ

チームの全体活動再開時期についてのお知らせ

 いつもレバンガ北海道への全“緑”応援ありがとうございます。

 チームの活動再開時期についてお知らせさせていただきます。

 既に発表しておりますとおり、レバンガ北海道では、選手2名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定、選手・チームスタッフ計20名が濃厚接触者判定を受けており、陽性者と濃厚接触者、また、行動歴により隔離・療養期間が異なります。

 健康観察のうえ、問題ないと判断された場合、一番早くに療養解除となるのが橋本竜馬選手(1/15以降)、濃厚接触と判断されたタイミングにより若干異なりますが、1/19にはチームの全体活動を再開できる見込みでおりましたが、1/14に厚生労働省より発表がございました濃厚接触者の待機期間短縮(14日間から10日間)に伴い、本日札幌市保健所より当該選手・スタッフにおきましても同様の措置で問題ないとの確認が取れましたので、本日1/15より全体活動再開が可能となりました。

 ファン・ブースターの皆さまにはご心配をおかけしておりますが、再びコート内外より“明日のガンバレ”を届けていきたいと思いますので、引き続きチームへの全緑応援をよろしくお願いいたします。
 


■チームの現状(1/15時点)
選手、チームスタッフ全員が体調不良等なく、保健所の指示に基づき、市内の宿泊施設および自宅にて療養、隔離による行動制限を行っておりましたが、濃厚接触者全員が本日より待機解除、橋本竜馬選手は、健康観察のうえ問題ないと判断されましたので、本日より療養解除となりました。
ダニエル・ミラー選手に関しては、1/8に発症となりますので、10日間の隔離期間を経て、1/18に健康観察のうえ問題ないと判断された場合、療養解除となります。
 


■公式戦復帰のタイミング
本日より(※)チームの全体活動を再開できることとなりましたので、1月22日(土)・23日(日)に開催されるB1リーグ戦第17節名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦(AWAY)において、「B1・B2リーグ戦試合実施要項 第6条第3項第3号」に規定する試合エントリー要件を充足し、公式戦に復帰できる見込みとなりますが、第17節の前に実施される第10回B.LEAGUE統一検査において8名以上の選手が陰性判定を受けられない場合において、試合開催に影響が生じる場合がございますので、その場合は改めてご案内させていただきます。
(※全体練習は明日以降の実施予定)
 


■次回ホームゲームについて
当初のご案内の通り開催予定となります。

◆B.LEAGUE 2021-22 SEASON レギュラーシーズン 第18節
レバンガ北海道 vs 新潟アルビレックスBB
2022年1月26日(水) 19:05 TIP OFF
@北海きたえーる
https://www.levanga.com/lp/game_20220126/


 


 Bリーグ内、そして世界中で再び新型コロナウイルスの感染が拡がっておりますが、いま一度、クラブとしても感染防止対策を徹底し、レバンガ北海道に関わる全員が安心・安全を守りながら、バスケのある日常を取り戻していけるよう取り組んでまいります。
 

RELATED

関連ニュース

協力会社

その他