MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > レバンガ北海道フード事業部設立!! 小樽名物若鶏の半身揚げ『小樽なると屋』とのオフィシャルフードビジネス サポートパートナー契約 および 独占FC契約発表会見実施報告

レバンガ北海道フード事業部設立!! 小樽名物若鶏の半身揚げ『小樽なると屋』とのオフィシャルフードビジネス サポートパートナー契約 および 独占FC契約発表会見実施報告

いつもレバンガ北海道への全”緑”応援をありがとうございます。

 このたび、レバンガ北海道は、新たにフードビジネス事業部門を立ち上げ、フードビジネスサポートパートナーとして、創業69年の飲食店「若鶏時代なると」「小樽なると屋」をはじめ、全国43都道府県97百貨店で催事実績を持つ、()エフビーシーホールディングス(本社:小樽)と、独占フランチャイズ契約およびオフィシャルフードビジネスサポートパートナー契約を締結しました。

本契約により、北海道内各地でフードトラックによる小樽なると屋のフランチャイズ店舗運営のほか、百貨店催事への出店を実施することで、クラブの財務基盤およびチーム強化費の向上を図ります。

また、すでに小樽なると屋で創業時より取り組まれている、調理に使用した油(年間約145t)の飼料への再生に関しても、本事業において積極的に取り入れ、SDGsを共に推進してまいります。

 721()に、本件における記者会見を実施いたしましたので、併せてご報告いたします。




 

『なると屋』について…

195210月淡路島出身で、現代表取締役阿部誠の祖父である栗嶌寅男が鳴門海峡から命名した、『若鶏時代なると』を開店。20201FBCホールディングスを設立し、関係会社を集約。

 

【会社概要】

企業名 
株式会社なると 阿部誠

本店住所
北海道小樽市稲穂3丁目16-13

創立
昭和40105

資本金
3,00
万円

事業内容
飲食店事業、フランチャイズ委託事業


詳しくは… http://naruto-ya.com/about.html

 


会見の様子および代表者コメント





 


株式会社なると 取締役副社長  阿部哲也 様 コメント
「ただいま、ご紹介にあずかりました、小樽を中心に北海道で32店舗、若鳥半身揚げの「なると」というお店のグループで副社長をしております阿部と申します。
このたび、ご縁あってレバンガ北海道さんとフードビジネスでご一緒させていただくこととなりました。
昨今はコロナ禍により北海道全体も元気がない中、弊社も食を通じて北海道を元気にという気持ちで頑張ってまいりました。
今回のフランチャイズビジネス展開に関しまして弊社としても初めての試みですが、プロとしてのキャリアと自信があります。
弊社も北海道の会社であることからこのビジネスにおいてベストバートナーにレバンガ北海道さんをご指名させていただきました。

食とスポーツの力で北海道をもっともっと元気にしていけたらと思います。よろしくお願いいたします。」

 


株式会社レバンガ北海道 代表取締役社長 折茂武彦 コメント
「本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。

先ほどご案内があった通り、レバンガ北海道は「小樽なるとや」を運営するFBCホールディングス様とフードビジネスサポートパートナー契約をさせていただきました。

今回ご縁をいただき、いろいろな話をしていく中で、阿部社長の人柄はもちろんですが、小樽をはじめとする北海道への感謝、お世話になった恩返しという想いに、私自身、共感するところが多々あり、今回北海道をスポーツと食で盛り上げていくべく、ご一緒させていただくこととなりました。

レバンガ北海道としては、はじめての食事業ということではありますが、これからのクラブの成長や事業拡大を考えたときに、本業であるバスケ事業にも関わりの深い食事業を伸ばしていくことが最適であると考え、新たな事業の柱にしていきたいと思っています。

事業主体はキッチントレーラー事業であり、レバンガ北海道と「小樽なると屋」のデザインをほどこした移動販売車が道内各地に設置できるように進めて参ります。

その他、各種百貨店等での催事出展や、商品開発、HOME GAME会場での販売などを展開していきたいと思っております。

今後もレバンガ北海道として、北海道を代表する「小樽なると屋」様と食とスポーツを通して皆様に笑顔をお届けできるように進めて参りたいと思っておりますので、引き続き応援の程よろしくお願いいたします。 


 

RELATED

関連ニュース

ご案内

協力会社

その他