MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2020-21 レギュラーシーズン第23節】4/7(水) レバンガ北海道 vs 横浜ビー・コルセアーズ 試合結果

【B.LEAGUE 2020-21 レギュラーシーズン第23節】4/7(水) レバンガ北海道 vs 横浜ビー・コルセアーズ 試合結果

【B.LEAGUE 2020-21 レギュラーシーズン第23節】4/7(水) レバンガ北海道 vs 横浜ビー・コルセアーズ 試合結果

【開催日時】
2021年4月7日(土) / 19:05 TIP OFF

【会場】
北海きたえーる

【試合結果】
 レバンガ北海道 71
 横浜ビー・コルセアーズ 76

北海道【Q】横浜
09【1Q】18
25【2Q】17
22【3Q】20
15【4Q】21


--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#24 ニック・メイヨ 22
#2 ジョーダン・テイラー 17
#7 中野司 10


★AS(アシスト数)
#2 ジョーダン・テイラー 11


★TR(総リバウンド数)
#24 ニック・メイヨ 9
#10 ファイ パプ月瑠 8


BOX SCOREはこちら
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=6224
 

バスケットLIVE 見逃し配信はこちら
bit.ly/2Q0pEbu

 

試合後のコメント

宮永雄太HC コメント
「試合の入り方の悪さがここ数試合続いていた中、今日も同じように強度の足りない入りになってしまいました。この点は改善しなければならないです。
2Qの中で、ボールムーブやディフェンスで確認すべき点を前半の内に立て直すことができた面もありましたが、後半の入りや4Qで自分たちがリードした場面など、大事な場面でやらなければいけないことをやり切ることができなかったことが、最後のわずかな差での敗戦に繋がったと思います。
やるべきことは何か特別なことではないので、細かい部分を一つひとつ徹底していきたいと思います。

ケガ等の状況で出られない選手が複数いる中、プレータイムが伸びて負荷がかかってしまう選手もいますが、コートに出た選手はステップアップのチャンスにつなげてほしいと思っていますし、今日の試合で言えば、牧選手と中野選手がよい働きをしてくれたと思います。

ただやはり、メイヨ選手、多嶋選手、テイラー選手、ファイ選手など、どうしても負荷が偏ってしまう選手も出てしまい、オフェンスで1本攻め切りたいところ、ディフェンスで1本守り切りたい場面で、体力が切れてしまった場面もあったと思います。

いい流れに持っていける力はあるので、それを最後まで徹底できなかったところは週末の試合までに改善していきたいと思います。」

 


#7 中野司選手 コメント
「今日の試合は、ここ数試合もそうでしたが、試合の入りにとても悪い形で入ってしまい、1Qに9得点しか挙げられないような試合の入りをしてしまったことが敗因であると思います。

個人的に調子はよかったのですが、ディフェンスの部分でもっとハードにできたと思いますし、チームとして守らなければいけないルールを出場した25分弱の中で守ることができなかった時間帯があったので、そこを自分の中で反省しなければいけないと思っています。

(Q. HCの試合後のコメントの中で、牧選手と中野選手がよい働きをしてくれたと名前が挙がっていましたが、自身のよかった点を挙げるとすれば?)
チームとしてディフェンスのルールを徹底できなかった部分など、ディフェンス全体を見れば反省点がありましたが、ボールマンへのプレッシャーはいつもよりできていた面もあると思うので、その点と、シュートタッチがよかったことが、ここ数試合の中でもプレータイムを長く得られた要因かと思います。

(Q. 週末の宇都宮戦に向けての意気込み)
現在ケガ等でコンディションが整わない選手が多く、フルメンバーで戦えないかもしれない状況ですが、どのような状況でもチームとしてやり切らなければいけないです。
まずは、前半の試合の入りの部分をチームとして絶対に修正しなければいけないですし、そこは誰がスタートで出ても変わらずに、ぶつかっていく姿勢を見せなければならないと思っています。

(Q. 橋本選手の不在に対して)
やはり竜馬さんがいないと、ボールマンへのディフェンスの強度が落ちてしまう部分があり、チームの中での存在の大きさを(出場していない直近試合で)改めて感じることになりましたし、(橋本選手がいないことで)テイラーや朝飛さんのプレータイムが増えて負担がかかるので、ウィング陣全体でその分をサポートして、身体を張ってもっともっとハードにやっていかなければいけないと思います。」

 


GAME REPORT

【1Q】
横浜に連続得点を許す1Q立ち上がり、0-7のランを#2テイラーのドライブで破るも、前節のように序盤から点差が開き12点ビハインドでレバンガタイムアウト。
中盤に#10ファイのリバウンドショットや、終盤に#11桜井の3Pシュートと#31ウィリアムズのドライブで連続得点とするが、9点ビハインドで1Q終了。

1Q END:北海道 9 - 18 横浜





【2Q】
ディフェンスの強度を上げた2Q序盤は、#7中野の3Pシュートや#24メイヨのダンクなどオフェンスにも流れが出て始めるも、#24ウィリアムズが負傷しベンチへ下がる。
前節から続くアクシデントに対し、踏ん張りどころで#3牧が3Pシュートを沈め、#10ファイがバスケットカウントから3点プレーとチームを繋げる。
オフィシャルタイムアウト明け、#7中野が3Pシュートを沈めた直後のディフェンスも成功し、#2テイラーの連続得点で流れができる。
終盤に#8多嶋の3Pシュートと最後に#2テイラーが得点し1点差まで詰め寄る。

2Q END:北海道 34 - 35 横浜







【3Q】
3Q立ち上がりもディフェンスの強度が維持され前線から仕掛ける。
序盤で一時逆転するも中盤にかけて再び7点ビハインドとしレバンガタイムアウト。
直後に#7中野が3Pシュートでバスケットカウントとしフリースローも沈め点プレー、ディフェンスはゾーンへと切り替える。
一進一退の攻防が続く中、#11桜井の身体を投げ打つプレーでボールを奪ってチャンスを作り、#24メイヨの連続3Pシュートやアリウープダンク、#2テイラーのドライブなど、スコアラー陣にもエンジンがかかり1点リードで最終Qへ。

3Q END:北海道 56 - 55 横浜



【4Q】
3Qに続き激しい攻防の中で、#8多嶋,#2テイラー,#24メイヨがブレイクで得点。
さらに#24メイヨと#8多嶋のドライブでリードしオフィシャルタイムアウトへ。
クロスゲームが展開される後半に#2テイラーが3Pを沈め、#10ファイがオフェンスリバウンドからファウルをもらうなど身体を張ったプレーで繋げるも、1分を切って横浜にリードを許してしまう。
その後追いつくチャンスはあったものの、最後の追い上げも届かず敗戦。

GAME END:北海道 71 - 76 横浜


NEXT GAME

◆B.LEAGUE 2020-21 SEASON レギュラーシーズン 第32節
レバンガ北海道 vs 宇都宮ブレックス
04月10日(土)16:05 TIP OFF
04月11日(日)14:05 TIP OFF
@北海きたえーる
試合情報:https://www.levanga.com/lp/game_20210410_20210411/


◆B.LEAGUE 2020-21 SEASON レギュラーシーズン 第33節
新潟アルビレックスBB vs レバンガ北海道
04月14日(水)19:05 TIP OFF
@シティホールプラザアオーレ長岡


◆B.LEAGUE 2020-21 SEASON レギュラーシーズン 第34節
レバンガ北海道 vs アルバルク東京
04月17日(土)15:05 TIP OFF
04月18日(日)13:05 TIP OFF
@よつ葉アリーナ十勝
試合情報:https://www.levanga.com/lp/game_20210417_20210418/




 

レバンガ北海道ホームゲームプロジェクト『平均入場者数TOP3プロジェクト ~できない言い訳、うっせぇわ~』始動!
詳しくは▶https://www.levanga.com/news/detail/id=14486

 

B.LEAGUE 2020-21 SEASON レバンガ北海道 レギュラーシーズン全試合日程
https://www.levanga.com/news/detail/id=13977


 

ご案内

協力会社

その他