MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』レバンガ北海道U15 結果報告

『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』レバンガ北海道U15 結果報告

いつもレバンガ北海道への全“緑”応援をありがとうございます。

2021年1月4日より開催されておりました『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』ですが、レバンガ北海道U15が出場しており、男子2回戦、男子3回戦、準々決勝と勝ち上がり、最終日となる本日行われた男子準決勝にて惜しくも敗戦となりましたが、結果報告と併せて、大会終了後のHCおよび選手のコメントをご紹介させていただきます。

 


『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』男子準決勝 試合結果

【開催日時】
2021年1月7日(木) / 11:30 TIP OFF

【会場】
武蔵野の森総合スポーツプラザ

【試合結果】
レバンガ北海道U15 61
秋田市立城南中学校 74

北海道【Q】秋田
13【1Q】16
14【2Q】23
11【3Q】15
23【4Q】20

--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#11 内藤 耀悠 18
#13 中辻 竜哉 17
#6 赤根 涼介 15

★TR(総リバウンド数)
#11 内藤 耀悠 11

★AS(アシスト数)
#6 赤根 涼介 5


※#11内藤耀悠選手が大会のベストファイブに選ばれております。


BOX SCOREはこちら
https://juniorwintercup2020-21.japanbasketball.jp/boxscore/?schedulekey=7039&period=18

 

大会終了後のコメント

齋藤拓也U15HC コメント
「まずは無事に本大会が開催され、参加できたことを嬉しく思いますし、関係者の皆様に感謝したいと思います。
チームとしては、最終日まで戦い抜けたこと、ベスト4として「レバンガ北海道U15」の名前を刻めたことは、選手たちにとって非常に良い経験になったと感じております。
様々な大会の変更や練習環境の変化に耐えてきた中でも、本大会という目標があり、それに向かいしっかりと取り組めたことは、今まで以上の成長に繋がっていたと感じています。
また、本大会を通して、1試合を経るごとに大きく成長する姿も見てとれました。
中学校部活動・町クラブ・Bユースと、異なるカテゴリーとの対戦の中で、私自身も多くの刺激を受けました。
今後、自分たちの課題解決に向けて、本大会の経験を活かしていきたいと感じております。

一期生が最終学年となり、少しずつではありますが、チームが目指すバスケットボールが全国というレベルで通用するという手応えを徐々に掴めていますので、3月に開催される「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」も最大のパフォーマンスを発揮できるよう引き続き練習に取り組んでまいります。

チームを応援してくださった皆様、ありがとうございました。」
 


#11 内藤耀悠(ないとう てるちか)選手 コメント
「ベスト4という悔しい結果でしたが、トーナメントを勝ち上がるにつれて、チームが一丸となって行くことができました。
(中学)1年生から今まで取り組んできた練習があったからだと思います。
個人的にもそれぞれの試合を経て成長できたと感じます。
競ったゲームの中で、自分のパフォーマンスを発揮できたと思いますし、流れを掴めた場面もあり、チームに貢献できたと思います。
自分よりも身長のある選手と対戦し、攻めきれないところもあったので、「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」までの課題として、もっと成長していきたいと思います。
保護者の皆さんやクラブ関係者の皆さんはもちろん、応援いただいた全ての人に感謝します。ありがとうございました。」 
 


#6 赤根涼介(あかね りょうすけ)選手 コメント
「ベスト4という結果でしたが、パフォーマンスとしては悪くなかったと感じています。
今大会ではBユースとは違う感覚で試合をすることができました。
とくに準決勝の秋田市立城南中学校との対戦では、部活動チームと対戦する機会が少ないので、とても良い経験になりました。
(2021年3月開催の)「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP」に向けて、この大会で僕たちのチームは注目度も上がったと思います。
今後対策されることにもなるので、自分を含め、パフォーマンスを見直して、さらに上の結果を狙えるように頑張ります。」

※レバンガ北海道U15でのチーム番号は#35

 


大会写真


▲本大会のベストファイブに選ばれた#11内藤耀悠(ないとう てるちか)選手。
(レバンガ北海道U15 チームキャプテン)



 

『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』男子2回戦 試合結果

レバンガ北海道 U15 46
アースフレンズ東京Z U15 43


BOX SCOREはこちら
https://juniorwintercup2020-21.japanbasketball.jp/boxscore/?schedulekey=7011&period=18

 

『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』男子3回戦 試合結果

レバンガ北海道 U15 76
シーホース三河 U15 60


BOX SCOREはこちら
https://juniorwintercup2020-21.japanbasketball.jp/boxscore/?schedulekey=7027&period=18

 

『Jr.ウインターカップ2020-21 2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会』男子準々決勝 試合結果

レバンガ北海道 U15 73
Eagle Nest Stage 66


BOX SCOREはこちら
https://juniorwintercup2020-21.japanbasketball.jp/boxscore/?schedulekey=7035&period=18

 


 

『レバンガ北海道U15』活動概要など詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.levanga.com/team/levangahokkaido-u15/


 

ご案内

協力会社

その他