MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > B.LEAGUE 2020-21 SEASON レバンガ北海道 #2 ジョーダン・テイラー 選手契約会見実施のご報告

B.LEAGUE 2020-21 SEASON レバンガ北海道 #2 ジョーダン・テイラー 選手契約会見実施のご報告

 本日2020年10月13日(月)に、レバンガ北海道 #2ジョーダン・テイラー選手の2020-21シーズン選手契約会見を行いましたので、その内容をお知らせいたします。

-----------------------------------------------------------
ジョーダン・テイラー / Jordan TAYLOR

【生年月日】1989年9月30日
【身長/体重】187cm / 88kg
【ポジション】PG
【背番号】2
【出身地】アメリカ合衆国
【出身校】ウィスコンシン大学

【経歴】
University of Wisconsin (NCAA DIV1)
2012-2013 Acea Virtus Roma (イタリア)
2013-2014 Virtus Roma (イタリア)
2014-2015 Hapoel Holon (イスラエル)
2015-2016 ALBA Berlin (ドイツ)
2016-2017 Hapoel Unet Holon (イスラエル)
2017-2018 Galatasaray Odeabank Istanbul (トルコ)
2018-2019 Limoges CSP Elite (フランス)
2019-2020 ASVEL Lyon-Villeurbanne Basket (フランス)
2020~ レバンガ北海道 (B.LEAGUE / B1)


-----------------------------------------------------------


#2 ジョーダン・テイラー選手 コメント

「この日本の地、北海道の地で、プレーを始められることを嬉しく思いますし、自分にとって新しい地ですので、日本のバスケ、日本の文化を学んで成長していきたいです。

新型コロナウイルス感染拡大の中、半年間コートから離れていたという意味で、自分のキャリアとしても非常に不思議な体験をしました。
そういった中でも、素晴らしい環境がありファンの方々も温かいリーグだと感じていますし、チームに合流して間もない中で助けてくれる仲間がいて素晴らしいチームでプレーしていけると感じています。

自分としては、シュート能力やペイントアタック、パスなどにオフェンス力を持ち味としていますが、一つ一つの試合でマッチアップする相手やチームメイトの状況など、チームとしてのアドバンテージを活かす判断をしていかなければいけないと思っています。
チームとしての連動性あるプレーやチームメイトの特徴を活かしたプレーなどをこれから高めてケミストリーを生み、勝利に貢献していきたいと思います。

このシーズンをしっかり勝つために貢献する、自分自身がしっかり成長する、自分自身を通してチームメイトにもよい影響を与えられるよう、このシーズンに集中していきたいと思っています。」

 

清永貴彦GM コメント

「レバンガ北海道はBリーグ2020-21シーズン、ジョーダンテイラー選手と契約合意に至りましたことを改めてご報告いたします。
テイラー選手の経歴にあるとおり、ヨーロッパリーグの高いレベルの経験をしてきた選手であります。
彼の強さは、ポイントガードとしてディフェンスを読み、自分でシュートやドライブが必要なとき、チームメイトを活かしてパスをするときなどの判断がトップクラスだと思っておりますので、チームリーダーの一人として、この若いチームを引っ張っていってほしいと期待しています。」
 








 


選手契約合意のニュースはこちら。
https://www.levanga.com/news/detail/id=13942

ご案内

協力会社

その他