MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2020-21 プレシーズンゲーム】9/6(日) レバンガ北海道vs越谷アルファーズ 試合結果

【B.LEAGUE 2020-21 プレシーズンゲーム】9/6(日) レバンガ北海道vs越谷アルファーズ 試合結果

 

【B.LEAGUE 2020-21 プレシーズンゲーム】9/6(土) レバンガ北海道vs越谷アルファーズ 試合結果

【開催日時】
2020年9月6日(日) / 14:10 TIP OFF

【会場】
北海きたえーる

【入場者数】
1,426人

【試合結果】
レバンガ北海道 100 ‐ 73 越谷アルファーズ

北海道【Q】越谷
21【1Q】16
32【2Q】17
17【3Q】20
30【4Q】20

--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#31ジャワッド・ウィリアムズ 19
#7中野司 17
#8多嶋朝飛 16
#0橋本竜馬 15
#16内田旦人 10

★AS(アシスト数)
#0橋本竜馬 8
#8多嶋朝飛 5

 


試合後のコメント

宮永雄太HC コメント
「今日の試合は、基本的に昨日とやることは変わらず、40分間常に激しいディフェンスを徹底しようと話をしました。
オフェンスのところでは、ボールムーブメントをしながらみんなでボールを少しずつ持つことで、動きの中でプレーできたことが今回の得点につながったと思います。
まずは走ること、その次にリングにアタックする。その展開の中でアウトサイドも空いてくるので、確率のよいシュートになったと思います。
1~3番ポジションの選手は、どのポジションの選手にもディフェンスできるように練習はしていますし、後半もゲームの中で審判のジャッジに徐々にアジャストできたことはよかったと思います。
このあとも変わらず、チームの掲げるバスケットを突き詰めていき、開幕に臨みたいと思います。」
 


#8多嶋朝飛選手 コメント
「昨日の試合は、オフェンス面での連携が外国籍選手の合流仕立てということもあり、重くなる時間がありましたが、今日の試合は、連動性を高めてボールをプッシュして行こうと話をした結果、いいシチュエーションでシュートを打てたことが高確率につながったと思いますし、そのシュートをしっかり決め切れて良かったです。
橋本選手のファウルトラブルでプレータイムが増えたこともある意味想定内なので、長いシーズン、いろんなオプションを試しながらチームとしての引き出しを増やしていければと思います。
今日は北海道胆振東部地震から2年が経つということで、まだまだ完全な復興には至ってないと思いますし、コロナ禍の大変な状況でもコートに立ってバスケができて、皆さんに楽しんでもらえる環境を創れたことをとても嬉しく思いますし、少しでも元気を与えられるようなプレーをシーズン通してお見せしたいと思います。
久しぶりに2日間、バスケができて楽しかったですし、ブースターの皆さんにお会いできて嬉しかったです。
今シーズンも応援よろしくお願いします。」
 


#31ジャワッド・ウィリアムズ選手 コメント
「この2日間に関しては、合流したばかりということで難しいシチュエーションではありましたが、ある程度はつかめたと思うので、これから修正点や課題などをチームとしてしっかり準備していけば、もっとよくなっていくと思います。
第二の故郷といってもいいくらい、素晴らしい地である北海道に戻ってくることができたことは本当に嬉しいですし、温かい声援が力になっています。
今シーズンは会場で実際に声を出しての声援をいただくことはできませんが、皆さんに喜んでもらえるシーズンにしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」
 


GAME写真












 

 
 

NEXT GAME
◆9月19日(土)-20日(日) B.LEAGUE 2020-21 SEASON プレシーズンゲーム vs三遠ネオフェニックス

現在チケット販売中。詳しくは…
https://www.levanga.com/lp/game_20200919_20200920/

 

 

ご案内

協力会社

その他