MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 山本昇吾スカウティングスタッフ契約満了に伴う退団のお知らせ

山本昇吾スカウティングスタッフ契約満了に伴う退団のお知らせ

 このたび、株式会社レバンガ北海道は、山本昇吾スカウティングスタッフとの契約が満了し、退団の運びとなりましたことをご報告いたします。




山本 昇吾 / Shogo YAMAMOTO


【生年月日】1992年10月15日
【出身地】 埼玉県熊谷市
【経歴】
・2016-18 名古屋市立若水中学校女子バスケットボール部ヘッドコーチ
・2018    名古屋クラブ アシスタントコーチ/名古屋ミニバス 臨時コーチ
・2018-19 茨城ロボッツ マネージャー/茨城ロボッツ スクールコーチ
・2019-20 レバンガ北海道 マネージャー/スカウティングスタッフ
 


【山本昇吾スカウティングスタッフ コメント】

「 レバンガブースターの皆様、そしてスポンサー企業の皆様、今シーズンも多大なるご支援、ご声援、誠にありがとうございました。

この度レバンガ北海道のマネージャー/スカウティングスタッフを退任することとなりました。
1シーズンでの活動でしたが、沢山の方々のご支援により充実した活動ができました。
海を越え北海道に来て、日本を代表される方のコーチングを目の当たりにでき、フランチャイズプレーヤーの折茂さんや桜井さんのホームへの愛情や熱い思いに加え、第一線で活躍し続けるためのプロとしての考え方、選手及びスタッフの皆様のバスケに対する姿勢や情熱を目に焼き付けることが日常のようにできたこと、コート外では兄や弟、師匠、おじい、おばあと思える方々に巡り会えたことを幸せに思います。
レバンガで実際に肌で感じ、そして学び、経験させていただいたことを自分の「これから」に繋げることを皆様にお約束いたします。
未熟な私に学びと成長の機会を与えて下さった折茂武彦代表、横田陽CEO、清永貴彦チーム統括には、報恩謝徳の念に堪えません。この場をお借りし、感謝申し上げます。
次なる場所で、成長し続けること、北海道で得たものを与え提供し続けること、そして支えてくださった方々の目や耳に活躍を届けることが自分のできる恩返しの1つだと思っております。関わってくださった皆様の誇りになれる様、日々邁進して参ります。

日本だけではなく世界中が苦しく大変な今日、そんな時だからこそ、支え続けてくれた方々へ、「どのようにすれば『明日のガンバレ』を提供できるか」と日々考え行動するレバンガ北海道のフロントスタッフの皆様の姿から毎日刺激をいただいておりました。皆さんに負けじと行動して参ります。

今後、『至誠』をもってことにあたり、周囲の人々に刺激と感動を与えられるよう『米一粒の努力』で積み重ねて参ります。短い期間でしたが、本当にありがとうございました。これからも北海道の皆様が笑顔に囲まれますこと、そしてレバンガ北海道の成功を心から願っています。」
 

 

ご案内

協力会社

その他