MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > B.LEAGUE 2020-21シーズンB1ライセンス交付のご報告

B.LEAGUE 2020-21シーズンB1ライセンス交付のご報告

 いつもレバンガ北海道への全“緑”応援をありがとうございます。

 本日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグより、4月24日(金)開催の理事会において、2020-21シーズンのB.LEAGUEクラブライセンス交付について決定、発表があり、レバンガ北海道は、2020-21シーズンのB1ライセンスを交付されたことをご報告いたします。

 また、2020-21シーズンのクラブライセンスについての交付決定を受け、B.LEAGUE 2020-21シーズンの地区分けおよびシーズン終了後の昇降格についても併せてBリーグより発表がありましたので、これらの発表を受けまして、株式会社レバンガ北海道代表取締役CEO横田陽よりコメントをお伝えさせていただきます。

 


 本日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグより、4月24日(金)開催の理事会において、2020-21シーズンのB.LEAGUEクラブライセンス交付について決定、発表があり、レバンガ北海道は、2020-21シーズンのB1ライセンスを交付されたことをご報告いたします。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、クラブにとっても経営的なダメージは小さいものではなく、今季の決算見込みも厳しいものとなることが想定されておりますが、これまでの実績において堅調に数字を伸ばしてきていたことや、ホームゲームを素晴らしいアリーナで開催させていただけていること、そして皆様のおかげでリーグ4位の平均入場者数を動員できたことも交付を受ける要因になったと考えております。

 これもひとえに、どのような状況においても温かい声援をくださるブースターの皆様をはじめ、ご支援いただいている全ての関係者の皆様のお力があってこそであり、このような未曾有の事態に陥る厳しい状況にあっても、クラブを全面的にサポートしてくださったことに他なりません。
改めまして全ての関係者の皆様に感謝申し上げます。
 
 レバンガ北海道は、来季クラブ創設10シーズン目となる節目の年を迎えます。
チームの絶対的な存在であった折茂武彦がいない初めてのシーズンとなるほか、来季は降格がないという、これまでとは異なるレギュレーションであり、地区制も3地区から2地区に変更となりさらなる厳しい戦いが待っていますが、B1で戦えるライセンスを交付された以上、新しいレバンガ北海道をしっかりと創り上げ、クラブ一丸となって全力で取り組んでまいります。

 未だ新型コロナウイルスの収束が見えず、大変苦しい状況が続いておりますが、少しでも北海道から皆様に笑顔と感動をお届けできるよう邁進してまいりますので、引き続きご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2020年4月24日
株式会社レバンガ北海道 代表取締役CEO 横田陽

 


B.LEAGUEより本日(4/24)リリース内容

『2020-21シーズン B.LEAGUEクラブライセンス 判定結果について』
https://www.bleague.jp/news_detail/id=82014

『B.LEAGUE 2020-21シーズン 地区分け・シーズン終了後の昇降格について発表』
https://www.bleague.jp/news_detail/id=82012




※レバンガ北海道は、B.LEAGUE 2020-21 SEASONをB1の東地区に所属しリーグ戦を戦います。

 

ご案内

協力会社

その他