MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > AIバスケットボールロボット『CUE4』期限付移籍期間満了に伴う退団のお知らせ

AIバスケットボールロボット『CUE4』期限付移籍期間満了に伴う退団のお知らせ

 このたび、昨年12月にアルバルク東京より期限付移籍にてレバンガ北海道に加入したCUE4選手が、期限付移籍期間の終了をもって契約が満了し、退団の運びとなりますことをお知らせいたします。
 


CUE4 (キューフォー)



生年月日:2019年4月11日
背番号:94
ポジション:SG(シューティングガード)
身長/体重:209㎝/91kg
出身地:愛知県豊田市
国籍:日本

※2019年12月12日付けにてアルバルク東京より期限付移籍にて加入

 

「CUE4」退団について、開発チームのコメント

「このたび、レバンガ北海道を退団することになりました。
移籍当初は緊張と戸惑いでいっぱいでしたが、選手やスタッフ、ファンの皆さまの温かいご支援のおかげで、デビュー戦となった12月28日富山グラウジーズ戦でのパフォーマンスを最後までやり切ることができました。
また、初めて出場させていただいたBリーグオールスターゲームでは、スリーポイントコンテストに挑戦することができました。
約2ヶ月半という短い間でしたが、北海道の地でたくさんの学びがあり、内容の濃い時間を過ごすことができました。応援していただいた全ての皆さまに心から感謝申し上げます。
この経験を活かして、今後もさらに進化し続けていきたいと思いますので、これからもCUEの活動を見守っていただければと思います。
本当にありがとうございました。」
 


チームメイトであり、クラブの代表取締役社長である折茂武彦選手兼代表よりコメント

「2月25日をもって、CUE4が期限付移籍期間を満了し、レバンガ北海道を離れることになりました。
同じポジションであり、また自身のキャリアのスタートはトヨタ自動車(現アルバルク東京)で、14シーズン過ごしてきたこともあり、CUE4には親近感を感じ、正確なシューティングに刺激を受けていました。
今年1月に北海道で開催されたBリーグオールスターゲームの3Pコンテストに共に出場して、CUE4に1ポイント差で勝ったことはこれからも自慢したいと思います(笑)。
またアルバルクに戻り、トヨタの開発チームの皆さんの下で、さらなる進化を遂げる姿が見られる日を楽しみにしています。」




 

 

ご案内

協力会社

その他