MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > レバンガ北海道公式練習場契約発表会見実施のご報告

レバンガ北海道公式練習場契約発表会見実施のご報告

いつもレバンガ北海道への全緑応援をありがとうございます。

このたび、レバンガ北海道は、学校法⼈⼤藤学園様が取得した旧上野幌⻄⼩学校跡地を活⽤した「カミニシヴィレッジ」内に、レバンガ北海道の公式練習場として、同施設の体育館を⼀部専⽤利⽤させていただくこととなりましたことをご報告いたします。

1月21日(火)に、本件における記者会見を実施いたしましたので、併せてご報告いたします。


 



 

カミニシヴィレッジとは、平成31年3月に閉校した旧上野幌西小学校・旧上野幌児童会館跡を活用した、新たな次世代教育施設です。
運営にあたっては学校法人大藤学園が中心となり、名称には地元に長年親しまれてきた「カミニシ」の愛称を引き続き使用します。
「認定こども園 新さっぽろ幼稚園・保育園」をはじめ、「カミニシコート」「カミニシグラウンド」「カミニシスクエア」の3つのエリアからなる、地域コミュニティの核として展開していきます。

詳しくは… https://kaminishi.jp/
 


なお、カミニシヴィレッジは、2021年4月にグランドオープン予定となっております。
レバンガ北海道の練習場としての使用に関しては、建築における法的な問題をクリアした時点で、試用期間として先行して開放され、使用させていただく予定となっております(2020年中を予定)。

 


会見の様子および代表者コメント


 


学校法人大藤学園 理事長 大谷和彦 様 コメント

「当法人が計画するカミニシヴィレッジの一部をチームの公式練習場として活用していただけることに心より感謝申し上げます。
この施設は、当法人が培ってきた長年の幼児教育を根幹に、多世代の人と人との繋がり、そして関わる皆が健やかに共に生きていくための地域づくり、即ち社会貢献をモットーととした次世代型教育施設です。
その体現に向けてレバンガ北海道様はこの上ないパートナーであると感じ、我々も非常に希望に満ち溢れています。
ここ上野幌・厚別に根差し、そしてここから発信をし、地域は基より道民皆から愛されるように、さらなるチームの発展とバスケットボールの振興にお力添えできればと存じます。
選手、チームやスタッフの皆様、そしてファンの皆様、今後とも何卒よろしくお願いいたします。」
 


株式会社レバンガ北海道 代表取締役社長 折茂武彦 コメント

「本日はお忙しい中お集まりくださりありがとうございます。
このたび、大藤学園様によるカミニシヴィレッジ内の体育館をレバンガ北海道の練習場として使用させていただけることとなりました。
公式練習場というのは、クラブ創設以来の我々の課題であり念願でありましたので、このたび大藤学園様とのご縁で実現できる運びとなりましたこと、クラブの代表として、また選手としても非常に嬉しく思っております。」


 

ご案内

協力会社

その他