MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2019-20 SEASON vol.14】11/10(日) 宇都宮ブレックス vs レバンガ北海道 試合結果

【B.LEAGUE 2019-20 SEASON vol.14】11/10(日) 宇都宮ブレックス vs レバンガ北海道 試合結果

【B.LEAGUE 2019-20 SEASON vol.14】11/10(日) 宇都宮ブレックス vs レバンガ北海道 試合結果

【開催日時】
2019年11月10日(日) / 15:05 TIP OFF

【会場】
ブレックスアリーナ宇都宮

【試合結果】
宇都宮ブレックス 84 ‐ 70 レバンガ北海道

宇都宮【Q】北海道
13【1Q】25
19【2Q】20
29【3Q】13
23【4Q】12

--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#1ケネディ・ミークス 25
#2マーキース・カミングス 19
#8多嶋朝飛 11

★TR(リバウンド数)
#1ケネディ・ミークス 12

★AS(アシスト数)
#32松島良豪 5


-----------------------------------------------
【BOX SCORE】
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=4260&TAB=B
--------------------------------------------------


試合後のコメント

内海知秀HC コメント
「前半は自分たちのよい部分を出すことができましたが、後半、相手がリズムに乗ってきた時に、我々のスタミナが少し落ちてきたこと、ディフェンスの強度が落ちたことにより、外角のシュートを得意とする選手が多い宇都宮さんに流れをもっていかれてしまいました。
選手たちは一生懸命やりましたが、自分の戦術的な部分で反省をしなければいけないと思っています。
今後もまだ宇都宮さんとの試合があるので、シーズンの中でしっかりアジャストしながら、またしっかりと準備をしてやっていきたいと思います。」

--------------------------------------------------
#8多嶋朝飛選手 コメント
「昨日はよくない試合をしてしまったので、今日はしっかりやり返そうとチームで反省し戦い方を確認したうえで今日の試合に臨みました。
前半20分間は、ディフェンスの強度・チームの連動・戦う気持ちをしっかりコートで表現し、やるべきことを徹底できていたので、よいバスケットを展開できていたと思います。
一方で、後半のように自分たちが劣勢に立たされたとき、自分たちがコントロールできないことに意識をおくのではなく、次に自分たちがするべきことやチームのルールに集中して遂行することができていなかった部分がありました。
40分間の中で自分たちにとってよい流れ・悪い流れがある中で、しっかり我慢して勝利を掴み取るためには、誰がが出ていても継続して自分たちのバスケットを遂行していけるようにする必要があると思っていますし、昨日の出だしや今日の後半は迷いがある立ち上がりになってしまっていたので、そのような場面になったときに、チームの意識を統一させ、ディフェンスの強度やルールの徹底などをチームとしてさらに高めていかなければいけないと思いました。
ボールがよく動いている時はリズムのよいオフェンスができていましたし、状況に応じて相手のディフェンスに対してしっかりアジャストすることや、外国籍選手だけでなく日本人選手も含めたチームとしてのオフェンスを展開をしていけるように、練習からよい準備をしていきたいと思います。
簡単に勝てる試合はなく、どのチームも一勝を勝ち取るために必死なので、40分間我慢して自分たちのバスケットをやりきり、全員が力を出し切って初めて勝利が見えてくると思いますので、今日の前半のよい感覚を忘れず、劣勢の時間帯のときにこそ、コートの5人もベンチも含めてチームで支え合っていきたいと思います。」

--------------------------------------------------
#32松島良豪選手 コメント
「昨日からミークス選手のところが効いていましたし、よい場所に走ってくれていましたので、できるだけペイントエリアにアタックスして、ミークス選手が楽に得点を取れるように意識していました。
後半は相手のディフェンスの強度が上がってくることはわかっていましたが、自分たちが受け身になってしまいターンオーバーが増え、相手の速攻や3Pシュートなどで得点を重ねられてしまい、自分たちのよい部分と悪い部分が前半後半ではっきりと分かれた試合内容になってしまいました。
東地区のチームを相手にオフェンスで相手を上回って勝っていくことは簡単なことではないので、自分たちはHCが目指してチームが準備してくれたディフェンスを頑張って、チーム力で相手のよい部分を抑え、よいオフェンスに展開して、そこで勝利という結果を手にしていけると思っていますし、今チームが目指しているバスケットは間違っていないと思っています。
また、今日の試合も含めて、多嶋選手がアグレッシブに攻めてくれることによって中でも外でも点数がとれ、自分自身のアシストにも繋がっている点は、現時点での理想形のひとつかと思います。
前半はレバンガらしいバスケットを見せることができましたが、後半は残念な試合を見せてしまい申し訳なかったと思います。
ただ、宇都宮さんを相手に前半のようなバスケットを展開できたこと、それをどのチームに対しても40分間しっかり遂行することができれば、勝てない相手はいないと思います。
次節はBリーグになってからまだ勝てていない千葉さんが相手ですが、今日の前半のような自分たちのバスケットを展開して勝利を収められるよう頑張っていきたいと思います。」

--------------------------------------------------
 


GAME写真









 


【NEXT AWAY GAME】
◆B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第9節
千葉ジェッツvs レバンガ北海道
11月16日(土) 15:05 TIPOFF
11月17日(日) 15:05 TIPOFF
@船橋アリーナ

【NEXT HOME GAME】
◆B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第10節
レバンガ北海道 vs 三遠ネオフェニックス
12月7日(土) 15:05 TIPOFF
12月8日(日) 15:05 TIPOFF
@北ガスアリーナ札幌46
試合情報:https://www.levanga.com/lp/game_20191207_20191208/


ご案内

協力会社

その他