MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2019-20 プレシーズンゲーム】9/27(金) レバンガ北海道vs三遠ネオフェニックス 試合結果

【B.LEAGUE 2019-20 プレシーズンゲーム】9/27(金) レバンガ北海道vs三遠ネオフェニックス 試合結果

 

【B.LEAGUE 2019-20 プレシーズンゲーム】9/27(金) レバンガ北海道vs三遠ネオフェニックス 試合結果

【開催日時】
2019年9月27日(金) / 19:10 TIP OFF

【会場】
北海きたえーる

【入場者数】
1,232人

【試合結果】
レバンガ北海道 86 ‐ 66 三遠ネオフェニックス

北海道【Q】三遠
22【1Q】15
26【2Q】20
25【3Q】14
13【4Q】17

--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#2マーキース・カミングス 18
#15マーク・トラソリーニ 18
#6ファイ パプ 月瑠 13
#0橋本竜馬 10


★AS(アシスト数)
#8多嶋朝飛 5


★ST(スティール数)
#15マーク・トラソリーニ 7
 


試合後のコメント

上野経雄AC(HC代行) コメント
「まず、開幕を目前に控えた大事な時期に北海道までいらしていただいた三遠ネオフェニックスさんに感謝したいと思います。
今日の試合の成果は、今まで取り組んできたディフェンスが、三遠さんよりもフィールドゴールを多く出せたという結果に表れました。
具体的には、ボールマンへのプレッシャーと、ボールを相手に簡単に繋がせないためのディフェンスがよく機能して、特に前線のスモールプレーヤーがプレッシャーをかけてくれたことでスティールも多く生まれ、「簡単にプレーをさせない」という内海HCがいつも求めていることのひとつを体現できました。
中でも内田選手に関してはよいディフェンスをしていたので、彼には自信をもってもらいたいですし、明日も同じようによいプレーをすることで、自身の能力を見せることができるよう続けて頑張ってほしいです。
プレシーズンゲームを通してディフェンスが改善してきていますが、試合を通してプレッシャーをかけていけるようさらに改善していきたいですし、他にも改善すべき点はあるので、明日のゲームに向けて修正し、準備したいと思います。」


#15マーク・トラソリーニ選手 コメント
「今日の試合はチームとして総合的によかったと思います。
1試合スティール17本はなかなか出すことのできない数字ですし、スティールからのトランジションが増えたことにより、プレシーズンゲームの中で最多得点(86点)での勝利という結果につながりました。
相手チームを70点以下に抑える試合が続いている点も評価したいですし、試合を重ねるごとによい感触があります。
昨シーズンと比較して、今季は新たな選手が加わったことによりチーム力が向上していて、「ディフェンスから大事にスタートしよう」という意識もチームで強く持つことができています。
改善していくべき点は試合を重ねながらチーム全員で改善していきたいですし、このチームで迎える来週の開幕戦が待ち遠しいです。」


GAME写真











 


 

ご案内

協力会社

その他