MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > B.LEAGUE 2019-20 SEASON レバンガ北海道 #15マーク・トラソリーニ選手契約更改会見実施のご報告

B.LEAGUE 2019-20 SEASON レバンガ北海道 #15マーク・トラソリーニ選手契約更改会見実施のご報告

 このたび、株式会社レバンガ北海道は、B.LEAGUE 2019-20シーズンにおいて、#15マーク・トラソリーニ選手と契約合意に至りましたので、ご報告いたします。

 2019年8月20日(火)に、本件に関する会見を行いましたので、その内容をお知らせいたします。

-----------------------------------------------------------
#15マーク・トラソリーニ / Marc TRASOLINI

【生年月日】1990年6月21日

【身長/体重】206cm / 109kg

【ポジション】PF/C

【背番号】15

【出身地】カナダ

【出身校】サンタクララ大学

-----------------------------------------------------------


#15 マーク・トラソリーニ 選手 コメント


「みなさん、こんにちは。(日本語で!)
北海道に戻ってくることができて非常に嬉しく思います。

自身にとって3シーズン目となりますが、最初に札幌に来た時にとてもこの街を気に入り、ここで継続してプレーしたいと思いました。
この街には、よりバスケットが盛り上がる、愛されるポテンシャルがあると感じたのが大きな理由のひとつです。

昨シーズンは、内容そして結果もチームとしてよいものではありませんでしたが、最後の最後でB1に残ることができました。
このチームでまたプレーすることができるせっかくの機会を与えてもらったので、レバンガ北海道での新しいシーズのはじまりを待ち遠しく思っています。

オフシーズンの間にチームには様々な変化がありましたが、それをポジティブに捉え、昨シーズンとは違うレバンガを見せることができるように、今シーズンは全力を尽くしたいです。

昨シーズンはコンディションがあまりよくなく、体調不良による欠場などもあり、自分のポテンシャルを出しきれなかった試合もありましたので、非常に残念なシーズンにしてしまいました。
オフシーズンの間にしっかりと体調を整え、トレーニングを重ねてチームに戻ってきたので、3季目となる今シーズンは、自分自身のベストを尽くすのみであると思っています。

個人的なスタッツはあまり気にしておらず、それ以上に重要なのがチームの勝利だと思っています。
昨シーズンは下位争いをしてしまいましたが、今季はチャンピオンシップ進出を目標にやっていきたいです。」
 


Q.どのようなプレーでチームに貢献したいと考えていますか?
A.
「Bリーグにおける外国籍選手に求められている役割は非常に多岐にわたっており、また果たすべき責任の大きさも理解しています。
得点はもちろん、リバウンドやディフェンス、ボールを運ぶこと、トランジションの先頭を走ることなど、どのチームでも求められていると思います。
その中でも、個人的には、シュートの確率、そしてリバウンドの本数を昨シーズンより高めていかなければならないと思っています。」

Q.今シーズンのスローガン『変わレ』を受けて
A.
「誰か一人が変わるのではなく、選手やスタッフ、コーチ、クラブの全員が変わらなければならないと思っています。
全員が昨シーズンからステップアップしなければならないと思います。
個人的には、オフェンスの効率を上げ、ディフェンスではリバウンドを含めていかに貢献できるか。
昨シーズンのような結果を繰り返さないためにも、新しく加入した選手はもちろん、スタッフも含めてチーム全体の一体感を高めて、何よりもチームにとって必要な勝利を重ねることによって、チームが変わるのではないかと思います。」

Q.オフに息子さん(ジャクソン君)が産まれたことによる変化は?
A.
「このオフシーズンは息子が産まれたことで、自分にとって非常に特別なものになりました。
守るべき家族が増えたことで、より一層、責任感と、そして、やりがいが増しました。
いずれ、息子には、自分がコートでプレーする姿を見てもらいたいと思っています。」

Q.新たに加入したカミングス選手、ミークス選手の印象について
A.
「昨シーズンの対戦時は、彼らが出場していなかったり、自分が出場していなかったりで、コート上で対戦したことはありませんが、もちろん彼らのプレーは映像で見ていますし、2人とも得点能力と身体能力の高い非常に素晴らしいプレーヤーだという印象を持っています。
同じチームで一緒にプレーできることを楽しみにしていますし、カミングス選手、ミークス選手、そして他のチームメイトたちと、よい関係性と一体感を築いていきたいと思います。」
 



ご案内

協力会社

その他