MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > B.LEAGUE 2019-20 SEASON レバンガ北海道 #32松島良豪選手 契約更改会見実施のご報告

B.LEAGUE 2019-20 SEASON レバンガ北海道 #32松島良豪選手 契約更改会見実施のご報告

 このたび、株式会社レバンガ北海道は、B.LEAGUE 2019-20シーズンにおいて、松島良豪選手と契約合意に至りましたので、ご報告いたします。

 2019年5月23日(木)に、本件に関する会見を行いましたので、その内容をお知らせいたします。


 

-----------------------------------------------------------

#32 松島 良豪 / Yoshitake Matsushima

【生年月日】1992年2月3日

【ポジション】PG

【背番号】32

【身長/体重】185cm / 78kg

【出身校】国士舘大学

【出身地】沖縄県

【国籍】日本

-----------------------------------------------------------
 


#32松島良豪選手 コメント

「このたび、2019-20シーズンもレバンガ北海道でプレーさせていただくことになりました。
昨シーズンは2月に負傷して途中離脱してしまったのですが、離脱する前までは、これまでのシーズンよりもよいスタッツを残すことができたことで、コートでのプレーを評価していただきました。

年齢的にも在籍年数的にも中堅と言いますか、世の中の表現で言うと『中間管理職』のような立場になってきていると思うので、これまでもやってきたつもりですが、今季は今以上に上と下をつなぐ役目を担っていきたいと思っています。
プレー面では、昨シーズンによかった部分は継続できるようにし、より大事な場面で力を発揮できるようにしたいと思います。

また、昨シーズンは負傷離脱があり、これまでのプロ選手としての時間の中であんなに長くプレーできない期間があったのは初めてだったので、次のシーズンでは60試合しっかりと戦うことができる身体づくりをしていきたいと思っています。」


Q.昨年シュート成功率を大きく伸ばしていましたが、今季も積極的に得点を狙っていきたいですか?
A.
「1番で出たときはチームをコントロールすることを第一に考えますし、2番で出たときは積極的に得点も狙っていきたいと思っています。
得点にこだわるよりは、HCに与えられたチームにとって必要な役割を遂行できるプレーヤーでいたいと思っています。」

Q.ケガの治り具合について
A.
「もうジョグも開始していますし、もうほぼほぼ、完治まで9割のところまで来ています。
来月には骨折した箇所も完全にくっつくと思いますし、7月予定のチームが始動するタイミングでは、別メニューではなく全体に合流できると思います。
皆さん心配せずに待っていてください!

ケガをしたときに、ブースターの皆さんから、会場などでたくさんの励ましの声をかけていただき、リハビリは一人ですることもあり、孤独を感じたりするときも、皆さんからかけていただいた言葉を思い出して、みんなが待っていてくれるから、またコートに戻ってプレーする姿を見せたいから頑張ろうと思えましたし、本当に感謝しています。
新しいシーズンでは、しっかりとケガを治し、コートの内外で元気に動き回る姿をお見せしたいと思っていますので、また応援のほどよろしくお願いいたします。」

Q.昨季は1試合18アシストの記録を達成するなどしましたが、狙っている個人タイトルはありますか?
A.
「ポジション的にサイズが大きいので、昨季ダブルダブルはできましたが(※)、今季はトリプルダブルを達成するくらいの活躍をする姿に注目してもらえたらなという思いはあります。
※2018年12月15日vs秋田戦(HOME)12得点11アシスト

1試合18アシストができたので、20アシストをやりたい野望は少しあります。
ただ、自分のプレースタイル的に“自分が自分が”となるとよくないので、個人タイトルやスタッツに強くこだわることはないです。
折茂さんにも怒られますから(笑)」
 





 

ご案内

協力会社

その他