MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.57】 4/13(土) 秋田ノーザンハピネッツ vs レバンガ北海道 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.57】 4/13(土) 秋田ノーザンハピネッツ vs レバンガ北海道 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.57】4/13(土) 秋田ノーザンハピネッツ vs レバンガ北海道 試合結果

【開催日時】
2019年4月13日(土) / 14:05 TIP OFF

【会場】
CNAアリーナ★あきた

【入場者数】
3,088人

【試合結果】
秋田ノーザンハピネッツ 79 ‐ 66 レバンガ北海道

秋田【Q】北海道
14【1Q】22
20【2Q】12
18【3Q】16
27【4Q】16

--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#13デイビッド・ドブラス 15
#15マーク・トラソリーニ 14
#9折茂武彦 13
#1関野剛平 12

★AS(アシスト数)
#2山本柊輔 11

--------------------------------------------------
・PLAY BY PLAY
・BOX SCORE
・GAME REPORT(HC・選手コメント)こちらをご覧ください。
https://www.levanga.com/game/?YMD=20190413&KEY=3490&DOUBLEHEADERFLAG=false&TAB=R

--------------------------------------------------


試合後のコメント

内海知秀HC コメント
「今日のゲームはタフな展開になるであろうと予想はしていました。
勝負所である第4Qはもちろんですが、全体的にオフェンスリバウンドを相手に取られ過ぎてしまったことで、結果的に秋田さんに有利に進んでしまいました。
シーズンを通して課題としてきた部分ではありますが、その点が今日の結果の大きな要因になってしまったと思います。
(4人が二桁得点をあげたことは評価できる部分もありますが、)まずはディフェンスをしっかりと頑張り、オフェンスリバウンドを取らせず、セカンドチャンスを与えないことを意識して、明日も引き続き戦いたいと思います。」

--------------------------------------------------
#1関野剛平選手 コメント
「試合の序盤、相手のシュート確率を抑えられている時にも、オフェンスリバウンドを取られることでセカンドチャンスを許し、徐々に点差を詰められ、最後は逆転されてしまいました。
後半、セットオフェンスに固執してしまった部分があるので、明日は、もっと走れるところは走って、ファストブレイクでの得点も狙っていくようにしたいと思います。
また、決めるべきところで自分たちが決めきれなかったことが敗因のひとつでもあるので、TOを減らし、得点を決めきることを意識したいと思います。
明日は今日の前半のように、よりアグレッシブにプレーして、今日の後半のように受け身にならず、前に前にチャレンジして攻めて行きたいと思います。」

--------------------------------------------------


GAME写真






 

ご案内

協力会社

その他