MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.52】 3/31(日) レバンガ北海道 vs サンロッカーズ渋谷 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.52】 3/31(日) レバンガ北海道 vs サンロッカーズ渋谷 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.52】3/31(日) レバンガ北海道 vs サンロッカーズ渋谷 試合結果

【開催日時】
2019年3月31日(日) / 14:05 TIP OFF

【会場】
函館アリーナ

【入場者数】
2,404人

【試合結果】
レバンガ北海道 85 ‐ 89 サンロッカーズ渋谷

北海道【Q】SR渋谷
23【1Q】14
19【2Q】29
20【3Q】19
23【4Q】27

--------------------------------------------------
★PTS(総得点数)
#13デイビッド・ドブラス 26
#8多嶋朝飛 12
#9折茂武彦 10
#17川邉亮平 10

★TR(総リバウンド数)
#13デイビッド・ドブラス 14

★AS(アシスト数)
#13デイビッド・ドブラス 6
#17川邉亮平 6
#23野口大介 6

--------------------------------------------------
・PLAY BY PLAY
・BOX SCORE
・GAME REPORT(HC・選手コメント)こちらをご覧ください。
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=3437&TAB=B
--------------------------------------------------


試合後のコメント

内海知秀HC コメント
「今日の試合、オフェンス面は、85点取れているという数字だけ見れば悪くなかったと思いますが、フリースローの確率などは厳しい内容だったと思いますし、ディフェンス面での89失点というのは取られ過ぎであり、相手の外国籍選手の得点はある程度想定はしていたものの、ベンドラメ選手など、ボールを持っている相手に得点を重ねられてしまった点は試合を難しくしてしまったかと思います。

とにかく目の前の試合に集中して取り組んでいかなければなりませんので、試合ごとに少しは収穫もありましたし、結果が出るよう諦めずにやっていくだけだと思っています。」

--------------------------------------------------
#16内田旦人選手 コメント
「昨日に限らず、チームとしてオフェンスもディフェンスも徐々に良くはなっていると思います。
ただ、ディフェンスでは、試合の中で得点源のプレーヤーや、鍵になるプレーヤーへの抑えどころが徹底できていなかったので、誰を止めなければいけないのか、チームで共通認識を持って、しっかりチームでディフェンスできれば結果は変わってくると思いますし、オフェンスにもいい流れができてくると思います。

ベンチにいるときは、常に自分が出るイメージを持って試合を見ていました。
コーチ陣からはディフェンスでエネルギーを持ってプレーすることを期待されていると思いますし、オフェンスでは積極的に得点を取りに行くことで自分自身の特長を出し、チームに貢献していきたいと思っています。
普段練習時にやっていることをコート上で体現できるかが重要であると改めて感じたので、ポイントガードとしてゲームをコントロールしながら、自分の持ち味を伸ばしていけるよう、経験を重ねていきたいと思います。」

--------------------------------------------------


GAME写真








 

ご案内

協力会社

その他