MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.35】1/26(土) レバンガ北海道 vs 京都ハンナリーズ 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.35】1/26(土) レバンガ北海道 vs 京都ハンナリーズ 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.35】1/26(土) レバンガ北海道 vs 京都ハンナリーズ 試合結果

【開催日時】
2019年1月26日(土) / 14:05 TIP OFF

【会場】
北海きたえーる

【入場者数】
3,829人

【試合結果】
レバンガ北海道 69 ‐ 76 京都ハンナリーズ

北海道【Q】京都
6【1Q】17
21【2Q】21
14【3Q】15
28【4Q】23

--------------------------------------------------

★PTS(総得点数)
#9折茂武彦 15
#13デイビッド・ドブラス 15
#23野口大介 15

★TR(総リバウンド数)
#13デイビッド・ドブラス 13

★AS(アシスト数)
#32松島良豪 10

★ST(スティール数)
#32松島良豪 4

--------------------------------------------------
・PLAY BY PLAY
・BOX SCORE
・GAME REPORT(HC・選手コメント)こちらをご覧ください。
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=3284&TAB=B
--------------------------------------------------


試合後のコメント

内海知秀HC コメント
「スタッツ上は相手を上回っていた部分もありますが、これまでの課題に対しては変わらず、相手の得点に繋がるミスなどから自分たちに流れを持って来ることができないというところであり、オフェンス面でリズムは悪くなくても最終的なショットが決められなければ、勝つことはできないです。
戦略戦術のところももちろん大事ですが、1番に、やるべきことを全員が同じ意識でやっていかなければならないと思います。
チームとしてよい判断ができるように、次の試合に向けてよいところ、悪いところを一つ一つ把握しながら、準備していきたいと思います。」

--------------------------------------------------
#13デイビッド・ドブラス選手 コメント
「このリーグにおける外国籍選手たちのパフォーマンスは、試合に大きく影響するものであり、その責任の重さを理解しているので、昨日の敗戦や連敗に関して、他の選手以上に責任を感じていましたが、今日の試合も役割を果たすことができませんでした。
自分自身改善していかなければならないですし、厳しい状況の中でもチームのために奮闘してくれた、今日の野口選手のようなプレーを、全員がしていかなければならないと思います。
結果が出ないときは、言い訳を探したり、よくない循環になってしまいますが、まずは自分たちで何をしなければならないかを見つめ直して、この状況を改善できるように頑張っていきたいと思います。」

--------------------------------------------------
#23野口大介選手 コメント
「昨日の試合よりもスタッツ上は改善できましたが、勝ちたい気持ちが強すぎたことが動きの硬さや重さに繋がり、追い上げた場面もありましたが、最後まで追いつくことができませんでした。
このままでは残留プレーオフを争うことになるので、それを確実に避けるために、選手たちそれぞれが改善しなければいけないと思います。
昨日の敗戦がとても悔しく、ベンチで感じていたのは、コートに出ている選手たちに元気がないところだったので、自分がチャンスをもらったら、強気にいこうと決めていました。
自分たちはたくさんの方に応援してもらっているので、それを無駄にせず、しっかりと勝利を重ねられるようなチームになっていきたいと思います。」 

--------------------------------------------------


GAME写真








 

ご案内

協力会社

その他