MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > レバンガ北海道 #6バイロン・ミュレンズ (Byron Mullens) 選手 2018-19シーズン契約会見のご報告

レバンガ北海道 #6バイロン・ミュレンズ (Byron Mullens) 選手 2018-19シーズン契約会見のご報告

 このたび、株式会社レバンガ北海道は、B.LEAGUE 2018-19シーズンにおいて#6バイロン・ミュレンズ選手と契約合意に至りましたので、ご報告いたします。

 本日12/20、本件における会見を実施いたしました。



-----------------------------------------------------------

#6 バイロン・ミュレンズ / Byron Mullens

【生年月日】1989年2月14日

【身長/体重】212cm / 120kg

【ポジション】C

【背番号】6

【出身地】アメリカ

【出身校】オハイオ州立大学

【プロプレー歴】
・2009-2010:Oklahoma City Thunders:NBA
・2010-2011:Oklahoma City Thunders : NBA
・2011-2012:Charlotte Bobcats : NBA
・2012-2013:Charlotte Bobcats:NBA
・2013-2014:LA Clippers / Philadelphia 76ers:NBA
・2014-2015:Sioux Falls Skyforce : NBA D-League
・2015-2016:Sioux Falls Skyforce : NBA D-League                           
          Konyaspor Basketbol Kulubu : トルコ1部
・2017-2018:Lakeland Magic:NBA G-League 
・2018     :Guangxi Weizhuang:中国2部
          Lakeland Magic:NBA G-League
・2018.12  :レバンガ北海道:B.LEAGUE B1

-----------------------------------------------------------

【#6バイロン・ミュレンズ選手 コメント】

「まずは、この北海道・札幌の地に来ることができて嬉しく思うのと、レバンガ北海道に加入できたことを感謝したいです。
自分のこれまで得た経験、そしてプロとして培ってきた10年のキャリアを通して、チームメイトを活かし、チームに良い影響を与えたいです。
オールラウンダーとして、高さとをスピードを活かしたクイックネスからのアタックや外からのシュートも自信があるので、コートで表現できるように頑張っていきたいです。
まだ合流して間もないですが、チームの印象としては、若い選手も多く、競った試合をものにするために、コートの内外問わず、細かい部分を若い選手たちへ積極的に伝え、リーダーシップなども発揮していきたいと思います。

日本は初めてですが、これまで中東やアジアでのプレー経験もありますので、それに比べると日本の環境は過ごしやすくとても自分に合っていると思います。
Bリーグに所属している選手の中にも知り合いがいるので、色々と情報は聞いていましたが、よい印象しか聞いたことがなく、今のところ生活などは問題ありません。

オハイオの田舎出身なので、自分では穏やかな性格だと思っています。
チームの勝利のために、仮に自分がベンチに入れない時もチームにとって何がベストかを考えながら、チームの勝利に貢献し、このチームがよい方向に進むよう力になりたいと思います。」

-----------------------------------------------------------

【チーム統括 清永貴彦 コメント】

「このたび、株式会社レバンガ北海道は、バイロン・ミュレンズ選手と12月7日付で契約合意に至りましたので、ご報告いたします。
バイロン選手には、このチームに必要なリバウンドと得点力に期待し、活躍してほしいと思っています。
一日でも早く、このチーム、Bリーグに慣れてもらって、持ち味を発揮してもらいたいと思います。」

-----------------------------------------------------------

ご案内

協力会社

その他