MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.12】11/04(日) 三遠ネオフェニックス vs レバンガ北海道 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.12】11/04(日) 三遠ネオフェニックス vs レバンガ北海道 試合結果

【B.LEAGUE 2018-19 SEASON vol.12】11/04(日) 三遠ネオフェニックス vs レバンガ北海道 試合結果

【開催日時】
2018年11月04日(日) / 14:05 TIP OFF

【会場】
豊橋市総合体育館

【入場者数】
2,705人

【試合結果】
三遠ネオフェニックス 75 ‐ 88 レバンガ北海道

三遠【Q】北海道
  9【1Q】27
19【2Q】21
27【3Q】26
20【4Q】14

--------------------------------------------------

★PTS(総得点数)
#13デイビッド・ドブラス 29
#15マーク・トラソリーニ 26

★TR(総リバウンド数)
#13デイビッド・ドブラス 10

★AS(総アシスト数)
#32松島良豪 7

--------------------------------------------------
・PLAY BY PLAY
・BOX SCORE
・GAME REPORT(HC・選手コメント)こちらをご覧ください。
https://www.levanga.com/game/?YMD=20181104&KEY=3087&DOUBLEHEADERFLAG=false&TAB=R
--------------------------------------------------


試合後のコメント

ジョゼ・ネトHCメント
「今日の勝利はチームにとって非常に重要だったと思います。今日の勝因はディフェンスだと思っています。
自身が来日した初日から、勝利のためにいかにディフェンスが大事であるかをチームに伝えてきました。
選手たちはそれを理解していますし、常に全力でディフェンスに臨んでくれています。
すぐに水曜日にホームでの試合があるので、また切り替えて、そこに向けて準備していきたいと思います。

昨日の第4Qと今日の第1Qの姿が、このチームが目指している姿であり、このリーグで勝利するためには、まずはしっかりとディフェンスをしなければいけないと考えています。
選手たちもそれを理解してくれていますし、シーズンを通して実行することができれば、自分たちの目標も達成することができると思います。

三遠さんは常にハードにプレーする、勝つために何が必要か知っているチームだと思います。
ただ今日は、自分たちのディフェンスが勝利につながったと思います。

今日は山本柊輔選手の誕生日です。
ハッピーバースデー、やま!」
 

--------------------------------------------------
#8多嶋朝飛 選手 コメント
「連敗が続いており、苦しい状況でしたが、今日は出だしから自分たちの目指すバスケットをして、主導権を握ることができたので、今日の結果に繋がったと思います。
昨日から大きく変えることはなく、自分たちが目指しているバスケットをしっかりとやり切ることを考え、昨日の第4Qのように、自分たちはやればできるんだということをチーム全員で信じて、出だしからプレーできたことが勝利に繋がったのではないかと思います。

AWAYにも関わらず会場にもたくさんの方が応援にいらしてくださり、北海道でもきっと多くの方が応援してくれていると思います。
やっと勝利を届けられたことに自分自身ほっとしています。
もっとよいチームになっていけるように、ファンの皆さんと共に戦っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。」

Q. 途中ちょっと膝を押さえている場面があって心配しましたが…?

A.
「ぶつけただけなので大丈夫です!」
 

--------------------------------------------------
#13デイビッド・ドブラス 選手 コメント
「自身の得点(29得点)については正直あまり意識しておらず、結果として勝利できればそれが1番だと思っています。
ただ、トラソリーニ選手と自分が活躍することで、このチームが勝利する可能性が高まるということは理解しています。

チームメイトたちも、自分たちを信頼してくれているので、自分たちがオフェンスで活躍することによって、相手のディフェンスがそこに集中して、周りの選手たちがノーマークでオープンシュートを打てる状況を作れるのであれば、それがベストであると考えています。

チームとして新しいバスケットをやろうとしている中で、時間がかかっている部分もあると思いますが、今日の試合のように、アグレッシブにディフェンスをし、どんなチームに対しても勝つチャンスがあるということを、自分たちが今日のゲームで証明することができたことが、今日の勝利で重要であったと思います。
目指しているバスケットをした結果が勝利に繋がったことで、チームの信頼も深まりますし、今後もアグレッシブなディフェンスをベースとしたバスケットをやっていきたいと思います。」
 

--------------------------------------------------
#1関野剛平 選手 コメント
「昨日は出だしが悪かったので、今日は最初から相手に何もやらせないように、自分たちのリズムを作っていこうと話していました。
自分たちのリズムを作るには、ディフェンスからであると思っているので、今日はディフェンスからチーム全員が徹底してやることができたのではないかと思います。

自分たちは今季まだ連勝がないので、これからは勝利を続けていけるようにしたいと思っています。
チームの雰囲気やリズムをよい状態で安定させられるようにしたいです。
全員が集中してアグレッシブなディフェンスができていた、今日の第1Qのようなプレーを今後も続けていきたいと思います。」

Q. 効果的な場面で3Pを決めていましたね。

A.
「チームメイトの合わせや動きがよくて、自分がたまたま空いていたということがあるかと思います。
チャンスで決めきることによって、次の機会にディフェンスが引き出されれば、今度は抜くことができますし、決めることができなければ、次のチャンスも拡がらないので、今日は決めきることができてよかったです。」 

--------------------------------------------------


GAME写真







 

ご案内

協力会社

その他