MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > ニュース > 株式会社北海道バスケットボールクラブと学校法人吉田学園 札幌保健医療大学との栄養サポートパートナー協定締結における調印式実施のご報告

株式会社北海道バスケットボールクラブと学校法人吉田学園 札幌保健医療大学との栄養サポートパートナー協定締結における調印式実施のご報告

このたび、レバンガ北海道を運営する株式会社北海道バスケットボールクラブと、学校法人吉田学園 札幌保健医療大学は、栄養サポートパートナー協定調印式を実施しました。
栄養サポートパートナー協定は、学校法人吉田学園 札幌保健医療大学が保持されている施設及び栄養・看護の専門的知識・技能をレバンガ北海道にご提供・ご支援くださると共に、バスケットボールを核として、地域におけるスポーツの振興、バスケットボールファン層の拡充、さらには地域住民の健康維持増進を図ることを目的としています。
昨日、本件における調印式を実施いたしましたので、ご報告いたします。

---------------------------------------------------
【実施日時】
2017年09月21日(木) 18:00~

【実施場所】
学校法人吉田学園 札幌保健医療大学 札幌市東区中沼西4条2丁目1番15号

【実施内容】
北海道バスケットボールクラブと学校法人吉田学園 札幌保健医療大学との栄養サポートパートナー協定調印式

【主な参加者】
吉田 松雄 様(学校法人吉田学園 理事長)
稲葉 佳江 様(札幌保健医療大学 学長)
小林 清一 様(札幌保健医療大学 学部長)
荒川 義人 様(札幌保健医療大学 栄養学科長)

折茂 武彦(株式会社北海道バスケットボールクラブ 代表取締役)
横田 陽(株式会社北海道バスケットボールクラブ 代表取締役CEO)
多嶋 朝飛(レバンガ北海道 キャプテン)

---------------------------------------------------
【栄養サポートパートナー協定の主な内容】
・レバンガ北海道の選手の食事管理・栄養管理等の栄養マネジメント
・学校法人吉田学園 札幌保健医療大学が保持する施設の無償貸与
・学校法人吉田学園 札幌保健医療大学近郊の高校及び中学校のバスケット部選手を対象としたバスケットボールクリニックへのレバンガ北海道選手・コーチの派遣
・丘珠地区の地域住民の健康体力向上活動への支援

---------------------------------------------------
【学校法人吉田学園 理事長 吉田 松雄 様 コメント】
「札幌保健医療大学を中心に吉田学園としても、バスケットボールファン層の拡大と北海道のプロスポーツの振興を応援したいと思います。」

【札幌保健医療大学 学長 稲葉 佳江 様 コメント】
「今回の協定をスポーツ栄養という観点から、学生の教育の実践の場として、また研究の対象として活かしていきたいと思います。」

【株式会社北海道ハ?スケットホ?ールクラブ代表取締役 折茂 武彦 コメント】
「アスリートとしての選手の食事摂取の重要性を再認識するとともに、相互が連携しこの協定を実りあるものにしていきたいと思います。」


---------------------------------------------------
【調印式の様子】
main.jpg hiki.jpg 
---------------------------------------------------
【公式WEBサイトはこちら→ 学校法人吉田学園 札幌保健医療大学 】
---------------------------------------------------

協力会社

その他