MENU

レバンガ北海道

LEVANGA HOKKAIDO

MENU
HOME > バスケットボール寄贈のご報告 Supported by 株式会社横河システム建築

バスケットボール寄贈のご報告 Supported by 株式会社横河システム建築

2024/06/12

サムネイル画像URL
/files/user/Image_20240612_112943_614.jpeg
Bリーグトップに表示
はい
B.HOPEに表示
はい
B.HOPEに表示する画像をロゴにする
いいえ

いつもレバンガ北海道への全”緑”応援をありがとうございます。

6月10日、レバンガ北海道SDGsプロジェクト『LEVANGA ACTION』の一環として、株式会社横河システム建築さまご協力のもと札幌市立有明小学校へ、10個のバスケットボールを寄贈いたしましたのでご報告いたします。

なお、今後も札幌市内で学校訪問プロジェクトを実施した小学校を中心に、バスケットボールの寄贈活動を実施してまいります。

ボール寄贈の詳細

贈呈校

札幌市立有明小学校

 

全道各地の小中学校へのバスケットボール寄贈活動について

バスケットボール寄贈活動は、学校備品購入の予算が限られている中、体育の授業で子どもたちの運動能力向上やスポーツの知識向上に活用してもらうことを目的に実施し、SDGs17項目のうち下記2項目のゴール達成を目指すための活動です。

③ すべての人に健康と福祉を
④ 質の高い教育をみんなに

バスケットボール寄贈 プロジェクトパートナー
 

株式会社横河システム建築さま

LEVANGA ACTIONとは

レバンガ北海道ではSDGs活動の一環として”LEVANGA ACTION”を実施しています。

この活動は「北海道に明日のガンバレを。」をスローガンに、地域や社会の課題解決に努めていく社会貢献プロジェクトで、レバンガ北海道に関わるファン・ブースター、地域・パートナー企業の皆さま、また自治体やNPOなど地域社会のお力添えをいただきながら、SDGsが目指す持続可能でよりよい世界を創り出していくことを目標としています。